FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

半島の場合、どっちもシンバとしか

「援助国は多くが博物館を建ててくれる国は韓国だけ」

コンゴ国立博物館館長が来韓
 「コンゴ民主共和国には経済援助のため多くの国の人々が訪れている。だが、博物館を建ててくれるという国は韓国だけだ。(韓国は)私たちと魂を通わせる、ほかのどの国よりも『特別な友人』になった」
  韓国がコンゴの首都キンシャサに国立中央博物館を建設するプロジェクトが本格化し、目が回るほど忙しい日々を過ごしている人がいる。コンゴ国立博物館のイ ボンゴ・ギルングラ館長(58)=写真=だ。先ごろ政府代表団と共に韓国を訪れ、ソウルの国立中央博物館から済州島の戦争歴史平和博物館に至るまで各地の 主な博物館を隈なく回り、新たな博物館を運営するためのノウハウを学んだ。
 ギルングラ館長は博物館建設事業について「歴史的な背景が似ている韓国が参加してくれ、一層意味のあるものになった」と語った。日本による植民地支配を経験した韓国と同じく、コンゴもベルギーの過酷な支配を受けた末、1960年に独立した。
 ギルングラ館長はまた、独立から半世紀以上がたったが、国民は今でも傷を抱えているとし、新たな国立博物館はその傷を癒し、より良い未来を夢見る空間になるだろうと期待を寄せた。
  韓国の博物館については「国立博物館も大学博物館も、一つでもメッセージを伝えようとする展示企画者とボランティアの情熱が印象的だった」と評し、こうし て縁ができたからには細かい運営方法まで全て学びたいと述べた。コンゴの博物館は来年初めに着工し、2019年の完成が予定されている。ギルングラ館長は 「国立博物館の子ども博物館にいた子どもたちの、きらきら輝く目が忘れられない。私たちの国でももうすぐ見られる風景だと思うと、今からわくわくする」と 語った。
鄭智燮(チョン・ジソプ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国の言う事ですから、多分に独りよがりで、割り引いて解釈しなくてはなりません。
とりわけこんな記述に関しては全くの独りよがりですね。
>日本による植民地支配を経験した韓国と同じく、コンゴもベルギーの過酷な支配を受けた末
コンゴ自身が苛酷な支配を受けたと言う事はあっていますが、少なくとも、コンゴの場合はいまだにベルギーに対して悪意を抱くと言う事がないじゃないですか。むしろ、正当なビジネスとして成り立つ分ではしれっと交流がある訳でして、韓国の方こそ見習うべき所じゃないでしょうか。
むしろ韓国の場合、コンゴとの共通性はコンゴ動乱と朝鮮戦争と言う、独立直後の内乱ではないでしょうか。
もっとも、コンゴの場合は既に終わった内乱であるのに対して、半島の方は休戦と言う状態の未完結にあるのです。
コンゴ動乱と言えば、シンバの台頭と言う物が指摘できる訳ですが、半島の場合は、どちらもシンバじゃないかと言う気にもならないでもないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト



<< 万里の長城の内側もやばい存在だ | ホーム | 本音では自分もその1人になりたいのだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP