FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国旗・国歌物語①

皆さんこんばんわ。歴史ネタとして「戦陣訓と降伏忌避の理」が半年かけてようやく終わりました。そこで早速、次としては「国旗・国歌物語」をお送りいたします。これまで左巻きの連中が日本の国旗・国歌にけちを付けるようになって久しいのですが、よくよく考えれば、わたし自身はそれに対する反駁的な意味合いを持った記述を行なっていませんでした。例によってと言うべきか、いったん始めてしまえば結構長くなるでしょうねぇ。まずは、それに関連して、日本の国旗・国歌に対する批判を行なった投書をご覧ください。

戦中派のわたしは日の丸に最敬礼を、君が代が聞こえたら遊んでいても直立不動の姿勢をとれと教育されて、太平洋戦争必勝を疑う事もしなかった。敗戦後、修身の教科書を焼き、国史の教科書に墨をぬらされて初めて、国民を思考停止に陥らせた教育の恐ろしさに身震いした。
そのわたしに戦前のままの国旗国歌の強制を合憲とする1月28日の東京高裁判決は納得できない。国旗国歌は尊重すべきだが、旧憲法下、戦争に突き進んだ軍国主義が称揚した国旗国歌を強制してよいものか。
ドイツは戦後、軍国主義の反省に立ち、ナチスが国旗としたハーケンクロイツ旗をワイマール共和国時代の旗に変え、国歌もナチスが国歌とした歌詞1番を廃し、統一・権利・自由を歌う3番を国歌にした。イタリアでも戦後、国旗国歌を改めた。
国旗国歌は、一国の精神の礎である憲法の基本理念をこそ反映すべきではないのか。世界の国々が日本を見る、国際的信義の指標でもある。
2006年の教育基本法改正で愛国心が教育の目標とされた。また、戦前戦中のように国旗国歌の遵守をてこに、教職員や児童・生徒が萎縮し思考停止に追いやられる事態が是認されるならば、この激動の時代、日本の経済・政治はいっそう地盤沈下するばかりであろう。(引用ここまで。2月4日分)

思考停止ってねぇ・・・。そのように思い至るのは所詮はまけいくさありきではないのですかな。早い話が勝者の押し付けでもあるのですよ。負けた過去の事を一概に間違っていたと主張するのは簡単です。なまじまけいくさに至らず、せいぜいイーブンで済んだ北朝鮮の場合はいかがな物でしょうか。
こちらの方がよほど始末が悪いのではないのでしょうか。かの国にとっては、かような「思考停止」な教育は「負けた過去」の事ではなく、いまだ継続中の事なのです。侵略をした国=悪い国、侵略された国=悪くない国と言う安直な発想ではいけません。まあ、北朝鮮は韓国を侵略したわけですがねぇ。そうした事の是非以前に、今の自国はすばらしい国と言えるのか。むしろよそのよりましな国に移りたいと言うのがそこの人間の多くの本音でしょう。
まあ、今回は引用も含めましたので、また次回と言うことで。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 




スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 都合の良い時だけノーサイドかよ① | ホーム | 他人願望⑥ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP