FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国にとっての数学は見栄のためだけなのか

【社説】数学放棄者60%の教育では科学強国は望めない=韓国

教育部が9月に改正教育課程を出すことにした中、数学教育の現実に対する意味のある調査結 果が出てきた。高校生の10人に6人は数学の勉強を断念した「数学放棄者」という内容だ。教育市民団体「私教育の心配がない世の中」と朴洪根(パク・ホン グン)新政治民主連合議員が児童・生徒と数学教師の計9022人に尋ねた結果だ。小学生の36.5%、中学生の46.2%、高校生の59.7%が自らを数 学放棄者だと答えた。数学教育の危機を端的に見せている。

数学が重要なのは単に大学入試の比率が大きいからではない。概念と原理を理解して解法を探していく過程で問題の解決能力を高めること ができるからだ。理工系はもちろん人文系の学生にも必要な能力だ。しかし現実で数学は難しく退屈な科目になってしまった。数学の教育が「考える方法」とい う本質ではなく「正解探し」に歪曲されたからだ。数学の実力の国際比較で韓国の生徒の達成度は高いが、興味と自信は下位圏という事実がこれを示している。

数学放棄者を量産する構造はよく知られている。まず高校卒業までに習う内容があまりにも多い。多くの国で中学生が習う内容を韓国では小学生に教え、外国の高校課程を韓国の中学生が習う。このため私教育と先行学習が広がり、これがまた負担を増やすという悪循環が続く。

大学入試制度はこれをあおっている。医大のように数学がそれほど必要でない専攻も数学の点数が高い学生を好む。生徒のレベルと適性を 考慮しない一律的な教育が行われるしかない。大学入試に設定された教育目標は、数学に初めて接する幼稚園児や小学生までも問題を解かせる方向に向かわせ る。

こうした教育では数学・科学強国を夢見るのは難しい。何よりも数学教育の目標と範囲を明確にしなければいけない。すべての生徒がアイ ンシュタインになることはできない。その必要もない。専攻と適性に合わせて数学教育を多様化することを検討する必要がある。生徒の興味を高めることができ る易しい数学と生活数学教育も今より強化しなければいけない。改正教育課程にこうした問題意識が反映されることを望む。


先日も、朝鮮日報掲載の記事でこの事を取り上げたばかりですが、韓国の場合、まずもって何のためにと言う段階でつまずいているのではないでしょうか。今回の記事からして、タイトルに科学強国と言う言葉が使用されていますからね。
要するに韓国の場合、ここでもよそに対する見栄のために数学をやる気なのかと言う勘ぐりが適用できます。本来数学はそう言う事のために行う物ではないはずなのに、韓国にかかってしまえば、万事がよそに対する見栄のために供されてしまうと言う事なのでしょう。
そして、見栄のために行うと言う発想のために、見た目さえ良ければと言う事で、例によってその実態は少なからずいんちきによって成立してしまって、本来重要視されてしかるべき事に関しては、これからも看過される事になるでしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 代替役務を考える必要に迫られているのではないか | ホーム | 平時の視点から見た軍隊36 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP