FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いつまで経っても第二次世界大戦的発想ではまずかろう

今年も8月となりますと、ご定番のいくさは悲惨な物だと言うすりこみをマスゴミがこぞって行うべく、その種の番組が目白押しの時期となりました。
そう言う番組を放送する側にしてみれば、彼らなりに再度のいくさを日本に持ち込ませない意図がある訳ですが、果たして、第二次世界大戦ばかりを引き合いに出しても、そうした意図がかなうのかと言う事であります。
幸いにして日本に限っては自国にいくさが持ち込まれる事態から逃れられている訳ですが、そうした日本の事情とは無関係に世界のどこかでいくさが行われているのです。
そしてそんな時になっても、そうしたいくさに対する我が国の批判と言えば、結構第二次世界大戦を引き合いに出している所があると思います。
いい加減、今時のいくさにまでいちいち第二次世界大戦を引き合いに出す事はやめにすべきではないでしょうか。いまだに我が国でそう言う事が行われているのは、いまだ自国のいくさの歴史を客観視できていない事を物語る物として糾弾すべきであります。
今時のいくさでは、内戦のウェイトが大きくなって、それは国家間戦争と言う物ではなく、必ずしも第二次世界大戦と引き合いで理解できなくなっている所があるのです。
そうした内戦では、隣人が敵になる可能性がありまして、為政者としては、徴兵をしたくとも、安易にやってはいけない環境にあると言えるのです。にもかかわらず、我が国では、集団的自衛権が論議に入ると、安易に徴兵に突き進むと決めてかかる馬鹿どもが存在しています。
それなんかも、第二次世界大戦の時の発想をそのまま引きずっているのです。
改めていくさを忌避するのであれば、もっといろんないくさの形を知る必要がありまして、こんなありさまだと、全く新しい形のいくさに出くわしても、到底対処する事ができないでしょう。思えば、第二次世界大戦の初期でも、第一次世界大戦の時と同じ形でいくさが進むだろうと考えていた人間が少なくなかった物です。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ












スポンサーサイト



<< 内心では向こうの人間だから | ホーム | 北とのいくさは内乱の範疇じゃないのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP