FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

とにかくごまかしが目立つ

南北協議:「根拠ない事件」 北が地雷挑発を否定

韓国と北朝鮮による南北高官協議の代表を務めた黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長は25 日、朝鮮中央テレビに出演し、協議の経緯と合意内容を説明した上で「今回の北南緊急接触を通じ、南朝鮮当局は根拠のない事件をでっち上げ、一方的に事態を 判断し、一方的な行動で相手を刺激すれば、情勢を緊張させるだけで、軍事的衝突を呼び得るという深刻な教訓を得たはずだ」と主張した。

 黄氏の発言は、北朝鮮の地雷による挑発を全面的に否定したもので、南北による共同報道発表による遺憾表明と矛盾する。このため、北朝鮮が合意内容をめぐり異なる主張をしたのではないかとの指摘も出ている。

 しかし、黄氏の発言は北朝鮮の住民の動揺を防ぐための内部宣伝用ではないかとの見方が有力だ。

  イ・スソク国家安保戦略研究院統一研究室長は「北朝鮮はこれまで地雷挑発を『南朝鮮のでっち上げ』と主張してきたため、住民に対する説明を突然覆すのは難 しい。典型的な内部宣伝だ」と指摘した。北朝鮮は今月21日、平壌で外国記者に対し「南側が提示した砲撃挑発の証拠は虚偽だ」と主張していた。

  黄氏は「根拠のない事件」という表現で地雷による挑発を間接的に否定しながらも、今回の協議結果については前向きに評価した。黄氏は南北合意について「わ れわれは今回、共同の努力で北南関係改善の新たな雰囲気が形成されたことを幸いに思う。南側当局が今回、北南高官級緊急接触で達した合意精神に真剣な姿勢 で臨み、それを積極的に履行することで、北南関係発展に実質的に貢献することを願う」と述べた。

 黄氏はまた「合意は北南間の軍事的対決 と衝突を防ぎ、緊張を緩和し、北南関係を改善しようというわが軍隊と人民の原則的な闘争と誠意ある努力の結果だ」と主張した。その上で、黄氏は「戦争の瀬 戸際に直面している国の緊張した情勢を和らげ、北南関係を改善する上で、原則的問題を真剣に協議した」とし、6項目の共同報道文を発表した。
キム・ミョンソン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


韓国製の兵器はできが悪いと言うのが下馬評です。敵ではなく、味方を害するのです。今回も、その実態は自身の地雷による事故なのでしょう。ひたすら他人のせいにするのが彼らの習いです。しかし、自国の兵器のできの悪さを思えば、本気でいくさになれば、やばい事は彼ら自身もうすうす感じている事でしょうから、なんとかいくさにならずに事を収めたい。
そこで、今回の記事の半ばにある、ある種の妄想が必要になったのでしょう。
あいも変わらず、北の方では、韓国の言い分は事実無根だと、恐らくはこちらの方が信憑性が高いのでしょうが、韓国としては、一旦言いだした以上、ウリの間違いだったニダとは引っ込むつもりはなく、さりとて、なんとかいくさにならずに済ますために、北の主張を、自国民に対する内部宣伝ではないかと言う風にごまかしているのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< もはや我が国は韓国との乖離を恐れなくなった | ホーム | 内心では向こうの人間だから >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP