FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

海外居住者の居住地はどうなっているのか

安保法案反対へ団体発足 海外在住者「世界の常識無視」

安全保障関連法案に反対しようと海外在住者らが28日、「OVERSEAs」(オーバーシーズ=安保法制に反対する海外在住者・関係者の会)と名付けた団 体を発足させた。海外在住者だけでなく過去に海外に住んでいたり、海外で仕事をしている人などが対象で、既に約400人がメンバーになっているという。

 発起人の一人で横浜弁護士会の武井由起子弁護士は「海外経験が長いと国際的な視点から日本の現状をみる。今回の安保法案は世界の常識や最近の傾向を無視したガラパゴス的な法律。国内的にも違憲で、廃案しかあり得ない」と訴えた。

 総合商社に勤め、中国や中近東で働いた経験のある武井さんが、安保反対の声を海外在住者からも上げてはどうかと思いついたのは今月中旬。フェイスブック に書き込むとすぐに賛意が寄せられた。その後非公開で知人らに呼び掛けるとわずか1週間ほどで約400人がメンバーとして名乗りを上げたという。

 発起人の一人で20年余り米国に暮らしていた中溝ゆきさんは「米国は愛国と正義に基づきイラク攻撃へと一気に進んだ。その10年後に日本では東日本大震 災と原発事故があり、いま隣国の脅威が強調されている。日本はついに米国のまねをするのかという強い焦燥感に駆られ、立ち上がろうと決めた」という。

 30日に国会周辺や全国で計画されている安保反対デモに参加し共通のプラカードを掲げるほか、世界各地で連携を呼び掛けている。

◆障害者「切り捨てられる」
 障害者の立場から平和の危機を考えるパネルディスカッション「戦後70年と障害者」が28日、都内で開かれた。障害関連団体で組織するNPO法人「日本 障害者協議会」が主催し約500人が参加。戦争を体験した障害者らが証言し、戦争では障害者が真っ先に切り捨てられ殺されたことを指摘。藤井克徳代表は 「障害者は戦争の前触れ察知請負人。心の目を見開かなければならない」と現状に警鐘を鳴らした。

 パネルディスカッションでは、戦争を体験した聴覚、視覚、身体障害者らが、警報も聞こえない中で空襲を生き延びたり、戦後に不発弾で障害を負った経緯な ど、それぞれの体験を回顧。「戦争の役に立たない障害者は非国民扱いで差別され放置されていた」「戦争は障害者をつくり出し、そして殺す」「新憲法の下で ようやく人権が認められてきた。障害者が発言できるのは平和だからこそ」「安保法案は戦争法案と言ってよい」などと訴えた。

 基調講演では、精神科医の蟻塚亮二さんが沖縄の高齢者に晩年発症型の心的外傷後ストレス障害(PTSD)が続発していることを報告。「認知症や近親者の 死を契機に、心の傷が今になって表れている。沖縄戦は終わっていない」と語った。「沖縄は本土防衛の捨て石になり、戦後は基地負担を押し付けられた。平和 国家日本を演出するために沖縄差別がある」と指摘し、弱者を犠牲にする権力に対し、連帯の必要性を訴えた。



世界の常識と言う物を口にするのであれば、自身の居住国における軍事はどうなっているかと言う事を改めて詮索すべきですな。むしろ世界の方こそまともであって、日本が1人悦に非常識に突き進んでいるのではないでしょうか。
そのような世迷言を日本に対して言うくらいならば、まずは自身の居住国に対して言えるのでしょうか。自身の安泰は、そこの国の軍隊によって守られているのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< ハンストもどき始まる | ホーム | 結局個人的な好き嫌いが批判の側に立った訳だ >>


コメント

オーバーシーズ・・・ネーミングがいかにも、ですね。日本の国土特性から、「島国根性」という決めつけと固定観念と先の戦争をつなげたスタンスだろう。
海外在住の日本人の身の危険を棚にあげている。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP