FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

苛政猛虎ならぬ苛政原発か?

皆さんおはようございます。昨日の午後から派手に雨が降っています。まずは引用文をお読みください。

2年前の来日以来、我が家で何かと助けて来た中国からの女子留学生がこの春、日本の外食チェーンへの就職が決まった。彼女は名古屋の大学で大震災を迎えたのである。
日本にいた外国人の中には帰国した人も少なくないと言う。彼女もおそらく帰ると思って、「まだ名古屋にいますか?」とメールを入れた。彼女はすぐ返信をくれた。「中国の親は帰国を促しますが、わたしは帰りません。もうしばらく日本でがんばる。日本が好きだから」
この3週間、胸の張り裂ける思いで災害地の光景を見ていたわたしは、彼女の一言で勇気と心の温かさをもらった。
「配属先が決まりました。災害にあった千葉県です。先生も東京へおいでの節はお寄りください」。彼女がそう知らせてきた。我が家で東京へ行こう。彼女の笑顔を見て、そしてそのさらに北の地で手助けするために。(引用ここまで。4月7日)

立場を逆にして、わが国から海外への留学生があって、そうした留学生の一体どれだけの人が現地で就職までするのでしょうか。それに比べれば、その反対たる、海外からの留学生が卒業後もそのまま日本で就職すると言うケースは余りに多すぎるのではないでしょうか。
今回の投書は、あたかも、この留学生は他の多くの外国人に比べて臆病ではない。とでも言いたいようですが、どうも投書人は留学生が元の国で就職しない事に関してなんとも感じていないとしか言いようがありません。この事は何も投書人に限ったことではなく、わが国ではそのように感じている人が多いと言う事を示しているのではないかと思います。
裏を返せば、元の国ではまともな就職先がないのではないかと勘ぐるべきであって、だからと言って安易にわが国での就職されてしまえば、わが国で割を食う者が続出してしまうのです。ましてや、今回の大震災で失業した人がいると言う現状からすれば、なおの事、自国民の就職優先で考えてもらいたい物ですね。

中国に苛政猛虎と言うことわざがあります。ひょっとしたら、中には原発を猛虎程度に考えている人もいるのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 国旗・国歌物語⑪ | ホーム | 国旗・国歌物語⑩ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP