FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

金と見栄以外では無駄な事だから

韓国の高校生、10年前より低身長に

ソウル市内の高校生の平均身長
男子0.2センチ、女子0.8センチ低下
①細胞分裂が活発な夜に十分な睡眠を取れない
②運動不足で成長板への刺激が不十分
③遺伝的限界に到達
 「最近の若い人たちは大きくなった」という言葉はもう聞かれなくなるかもしれない。身長の伸び自体がもう限界に達したのか、ここ10年で伸び悩みの傾向が指摘されていた高校生の平均身長が、ついにマイナスに転じたのだ。
  ソウル市教育庁(教育委員会に相当)は24日、2015年度版の『ソウル教育統計簡便版』を発表し、その中で「ソウル市内の高校3年生男子の平均身長は 2004年には173.6センチだったのが、昨年は173.4センチに、女子は161.8センチから161.0センチに小さくなった」と明らかにした。高 校3年生男子の身長の推移を01年以降から見てみると、05年に174.6センチと最高を記録して以降、10年以降は174センチの壁を越えられなくなっ ており、全国的にもここ5年で0.2センチのマイナスを記録している(10年:173.7センチ→14年:173.5センチ)。高校生の身長はこれ以上伸 びなくなり、逆に小さくなり始めているのだろうか。
(1)運動不足で骨端成長板への刺激が不足
 身長の伸びは 最終的に脚の骨を伸ばす成長板に大きく左右される。成長板に存在する軟骨細胞で活発に細胞分裂が行われることにより身長は伸びるが、専門家は「それには成 長期に適度の運動が必要」と指摘する。東国大学一山病院のオ・サンウ家庭医学科教授は「『バスケットボールをやれば背が伸びる』という言葉は俗説ではな く、実際にそうだ」とした上で「適度な運動による成長板への刺激は、身長の伸びにつながっていく」と説明した。
 問題は韓国 の生徒たちが運動をしなくなっていることだ。24日にソウル市江北区のある女子校を訪ねた。この日の体育の時間にはバドミントンが行われていたが、1クラ ス40人の生徒のうち3人は体調不良を理由に教室に残り、また15人はラケットを持とうともせず体育館の隅に集まって雑談をしていた。担当の教師は「高校 3年生に無理に運動をやらせると、父兄から『子供の勉強に良くないので自習させてほしい』などと抗議が来ることもある」と語る。最近になって「学校体育の 重要性」が相次いで指摘されていることを受け、高校3年間の体育時間は2004年には通常8単位(1単位は週1時間の授業)だったのが、最近は10単位以 上にまで増えた。しかしその実態は体育の時間が増えただけで、実際は授業が崩壊しているケースも少なくない。さらに放課後も塾などに行かねばならないた め、運動場でスポーツを楽しむ生徒が一人もいない学校も全く珍しくない。体育教師になって24年というある教師は「最近は30人ほどのクラスのうち、1回 か2回でも懸垂ができる生徒は3-4人しかいない」と語る。
金成謨(キム・ソンモ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

ヤンバン根性に基づけば、スポーツなんて代物は、単なる重労働でしかない訳ですから、普通の韓国人としては、そうした物は楽しむと言う概念で成り立たない物でして、そうした概念を持ち込んだとしたら、日帝に他ならないでしょう。それを思えば、ここで嘆きの言葉を残している教師の発想は日帝残滓でして、韓国的には到底受け入れられない物なのでしょう。
そうでなければ、金になるか、外国に対する見栄張りの手段として、とことん極められるかどうかと言う所が境界線でして、その境界線の向こう側に行ける者だけが、とことんスポーツに専心し、それ以外の者はひたすら頭でっかちを目指すと言う、両極端な話になってしまうと言う所でしょう。


クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



<< 大抵の場合はその通りだ | ホーム | だからと言って我が国に屈折した思いを抱き続ける事を改める事はないだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP