FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

男化への道

【衝撃画像】恐怖の副作用! 筋肉増強剤を服用していた女性ボディビルダーの20年後があまりに切ない

近年では筋肉増強剤の取り締まりは厳しく、使用者は徐々に減少している傾向にある。しかしそれはあくまで一昔前と比べてだ。お金や名誉を欲するあまりに手を出してしまうスポーツ選手は少なくなく、完全に根絶したとは言いがたい。
なぜ筋肉増強剤は使用禁止されているのか。本当に恐ろしいのは薬の副作用であり、人間自体を破壊してしまうからだ。例えとしてボディビル世界大会で輝かしい実績を残したアメリカ人の女性選手をご紹介しよう。写真は20年の歳月を経た彼女の姿である。
彼女の名前はデニス・ルトコウスキーさん。写真は30歳前後で筋肉増強剤を使用していた頃のものと、2012年に50歳で彼女が逮捕された時に撮影されたものだ。
現役ボディビルダーの頃は隆々とした筋肉だが、一方の50歳の写真はどうだろう。よく見てみると、アゴにはヒゲが生えており、まるで男性のような風貌になってしまっていることに気づく。もちろんこれは副作用以外の何物でもない。
恐ろしいことに、彼女のようにまったくの別人、ましてや性別が逆転するほどになった副作用例は珍しいことではない。たった5枚の写真だが、筋肉増強剤をはじめとする薬物が使用禁止になっている理由を改めて教えてくれる。


要するに婦女子にとって、筋肉増強剤と言う物は、男化して行くための薬だと言う事でしょうか。50歳になった時の画像のおぞましさと言ったら、まさしく男その物でしかありません。そして、下から2番目の画像にしても、胸と髪の毛の部分さえ修正してしまえば、完全に男に見えてしまえなくもないのですよ。

ガ━━━━Σ(゜д゜lll)━━━━ン!!!
クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



<< 太く短く | ホーム | 韓国ほど日本にかまい過ぎる国もないのだが >>


コメント

栄養吸収の効率アップとかではなく、体内のホルモンをいじる。内部からの人体改造、生理現象の「整形」なんだね。コワー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP