FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

韓国人を一番厄介扱いしているのは韓国人自身かも

【寄稿】韓国の現状では今も海外養子縁組が必要

韓国戦争(朝鮮戦争)後の韓国において、海外養子縁組は文字通り韓国という国の一部でもあった。これま で20万人以上の子供たちが韓国から養子として海外に送り出され、その3分の2は米国に向かった。海外養子縁組の件数は1985-86年が最高で、年間 9000人に達した。また世界的に見ても海外に送り出される子供の数で韓国は長い間世界第5位で、経済協力開発機構(OECD)加盟国では唯一つい最近ま でランクインしていた。ところが最近になってその順位が一気に下がっている。2011年の6位から13年には17位にまで落ち込んだのだ。海外での養子縁 組に反対する活動家の声や国民感情を国が考慮し、政策的に海外での養子縁組を減らしたのがその理由だ。
 李承 晩(イ・スンマン)大統領は1954年、海外での養子縁組をあっせんするため韓国児童養護会を設立したが、それ以降の政府はむしろ海外での養子縁組を減ら そうと努力してきた。孤児の輸出は恥ずべきことで、国のプライドが傷つくと考えられたからだ。当時は子供たち本人にとっても海外へ養子に出されることは決 して良いことではなかった。朴正煕(パク・チョンヒ)大統領在任中の1976年には特別入養(養子を迎えること)法を成立させ、国内での養子縁組を増やす ための5カ年計画を取りまとめることで海外での養子縁組を減らすと同時に、一般家庭を対象とした里親制度を促した。これは1981年までに海外養子縁組を なくすため段階的に取られた措置だった。しかし残念ながらこの目標は達成されなかった。
キャサリン・ムン=米ブルッキングス研究所・SK韓国国際交流財団
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



一方では、韓国は近年になって人口が5000万に達したとしてホルホルする有様ではありますが、その割にはそうした人口を維持する努力がなっとらん部分も少なくない訳でして、まずはかようにいまだ海外への養子縁組と言えば聞こえは良いのですが、早い話が余り者の厄介払い的な側面が本音なのでしょう。
まあ韓国人自身が彼らにとって厄介者と言うべきなのかも知れません。在日からして、そのような扱いになっているといるでしょうし、まあ、逆に韓国人にとって韓国こそが厄介物と言う事でもあります。在日が基本的に韓国に寄り付かないで、日本で寄生虫状態になっていると言うのも、彼ら自身の方で韓国を厄介物にしている訳だし、韓国にいる人間からして、機会あらんば外国へ移住を欲する者が少なくない訳ですしねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ

スポンサーサイト



<< 「笑点」なかりせば、この程度のリアクションすらなかった | ホーム | 国内から解決しないと、外国へ迷惑を振りまく事態が続くだろう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP