FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国旗・国歌物語⑮

皆さんおはようございます。節電対策の一環として、前々から暑さ対策の1つとして人気がある、窓際に蔓性の植物を育てると言う行為ですが、今年はゴーヤとひょうたんを植えた所、育ちが良く、既に窓を覆い尽くす勢いとなってきましたが、その行為は皮肉な事に、それほど日差しがよくない時においては却って部屋の中を暗くする結果となり、電灯を必要としてしまっております。
まあ、純然たる電気料金節約ならばいざ知らず、原子力発電所停止に伴う電力供給量減少に対する対抗策としては別段それでも構わないでしょう。
何しろ、今日の様な曇天ゆえに日差しがよろしくなく、電灯を使用する必然性が生じてしまっているわけですが、その事は、一方で電力消費の目玉たるエアコンの使用を抑制する事になっているのです。
そもそもこの時期叫ばれている節電の必然性の真骨頂とは、供給量以上の消費がなされると停電に至ってしまうので、消費がそれ以下であれば、停電に至らないと言う所にあります。要するに、エアコンの必要が生じない時ならば、電灯の使用の余裕が大きくなると言うところですね。もっとも自分の所には始めからエアコンがないためにその点では関係ない訳ですがね。

さて、本題に入りましょう。ある筋のやからが「多文化共生」を叫ぶ訳ですが、かつて存在したユーゴスラヴィアなんかを見てみると、そうした多文化共生なる物が実に厄介な発想であると言う事を示しているのではないでしょうか。
まあ、このユーゴスラヴィアは別段、そんな奇麗事のために存在した訳ではなく、帝国主義の発想の産物と言うべきでしょうか。勝者は得をして、敗者は一概に割を食う。第一次世界大戦の結末は明確にそんな有様でした。
セルビア王国は連合国側だったために、別段、同盟国に組していた訳ではありませんでしたが、同じセルビア人で成り立っていた(厳密には若干の違いがあるようですが)モンテネグロを民族自決と言う大義名分の下か組み込み、その上で、旧ハプスブルク領だった、クロアチア、スロベニアなどの地を加えてここにユーゴスラヴィア王国としてグレードアップしました。
左巻きの感覚では、敗れて旧来の体制が没落した過程で国旗の変更が推し進められるのが当たり前のように見なしているようですが、上記のようなグレードアップ的な変化の下でも国旗は変化したのです。
それはセルビア王国がより大きな物の中に取り込まれて解消したと言うのではなく、よその領地をセルビア王国の中に飲み込んだ訳で、セルビアの優位は明らかであるのにもかかわらず、新しい国名の元でも旧来の、紋章入りの赤青白の三色旗を継続することなく、新たに紋章なしの青白赤の三色旗が用いられる事となりました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

<< 分裂過多の組織① | ホーム | どう見ても不自然な寒流ブーム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP