FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

できが悪い場合に何があるのかと言う懸念の方が重要だ

虐待受けた子供:脳の機能低下 褒めても響かぬ?

◇福井大などの研究 他人の表情も読み取りにくく
 虐待など親から不適切な養育を受けて反応性愛着障害(RAD)になった子供の脳は、そうでない子供に比べて視覚的な感情処理に 関わる部位が小さい傾向があることが福井大などの研究で明らかになった。やる気や意欲などに関わる部位の活動が低下していることも判明。褒められても心に 響きにくいと考えられ、被虐待児に一般的に施される「成果を褒める」などの心理療法の効果が少ない可能性も出てきた。
 研究成果の論文が欧州などの専門誌電子版に掲載された。
 RADは、子供時代に養育者から受けた体罰や暴言によって養育者への愛着がうまく形成されずに発症する精神疾患の一種。衝動や怒りのコントロールが難しいなどの症状がある。
 研究グループは、10〜17歳のRADの21人とそうでない22人の脳の断面を磁気共鳴画像化装置(MRI)で撮影。形態や働 きを比べたところ、RADの子供は「視覚野」の灰白質(脳神経細胞が集まる領域)の容積が2割ほど少なかった。この部位はダメージを受けると他人の表情か ら感情を読み取りにくくなるといい、虐待などが脳に影響を与え、症状につながっている実態が分かった。
 また、10〜15歳のRADの子供16人とそうでない20人に金銭報酬を得られるゲームをしてもらい、脳の活動を調べたところ、やる気や意欲などに関わる「線条体」の活動量の平均が、RADの子供はそうでない子供の半分以下だった。
 こうした結果から、RADの子供は「報酬」へのモチベーションが低いとみられ、一般的な治療とは別の方法が必要な可能性が高まったという。福井大 子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(小児発達学)は「RADや関連する精神疾患の発症メカニズムの理解や治療法の開発につながる成果」と話 している。【村山豪】


虐待を受けたと言う事は、それを行った者の主観としては、虐待の対象とした者が、自分の思惑通りに動いてくれないと言う思い込みによる所もある訳でして、一旦、そうした事が当たり前になって来ると、よしんばできが良ければ褒めるとか、報酬を出すと言う宣言があったとしても、できが良くない場合の事の方が強く意識される場合が多いのではないのでしょうか。
虐待の話はさておいて、できが良ければなにがしかのご褒美と言う話も、うまくできる算段があってこそ、歓迎できる話であって、そう言う物を用意するのであれば、させる事をやりやすくしてやる配慮があってしかるべきであって、それをしないままにご褒美の話だけあっても、うまくできる算段がないままであれば、却って迷惑になる物です。
ましてや、虐待を日常的に受けて来た経験を持っている人間にしてみれば、できが悪ければ懲罰があるのではないかと勘繰る可能性が高いでしょうから、それを思えば、できが良ければご褒美と言う話自体が少なからず迷惑に思われるのは当然だと思います。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ
スポンサーサイト



<< そう言う事は国内だけでやれ | ホーム | チョッパリはウリをしかとするようになったニカ?の巻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP