FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

それを書いた時期が嘘だ

日本植民地時代の朝鮮、生きることは地獄だった

国立劇団「切れ端」舞台レビュー
 「結婚が何だ! 家が何だ! 苦労して農業やっても口にクモの巣がはるような世の中じゃないですか。いったいこの朝鮮で何をして生きていけっていうんですか? こんな地獄でもこのまま死ねなんて言われたくないでしょう」(演劇『切れ端』の青年サムジョのセリフ)
  テイクアウトのコーヒーカップを手に持ったままスマートフォンをいじり、「ヘル(hell=地獄)朝鮮」などと自分の国を地獄に例える現代の若者たちで も、舞台『切れ端』(ユ・チジン作、キム・チョルリ演出)を見れば、果たして本当の「ヘル朝鮮」とは何なのかを知ることができるだろう。希望などというも のはまったく見えない日本植民地時代のすさまじい人生がそこにある。
 主人公ミョンソ一家は崩れかけた掘っ立て小屋で暮らし ている。一家のあるじミョンソは病に倒れ、娘のグムニョは障害があるので、ミョンソの妻が畑を耕してやっとのことで生計を立てている。隣家のギョンソン一 家は飢え死にしてはならないとコメを借りたが、返せなかったためにボロボロの家まで奪われ、物ごいと行商で食いつなぎ、寒い冬の夜も寝床がなく故郷を離れ る。ミョンソの唯一の願いは、日本に出稼ぎに行った息子ミョンスが帰ってくることだったが、ミョンスは独立運動をして捕まり獄死、遺骨になって戻ってく る。
 リアリズム演劇の大家ユ・チジンが1932年に書いたこのデビュー作が国立劇団「近現代戯曲の再発見」シリーズの一つ として舞台によみがえった。現代の建物のようにシンプルにデザインされた舞台上で繰り広げられたキム・チョルリの演出は、家族を養う力のない一家のあるじ や生活力の強い妻といった典型的な人物像を鋭く描写した。キム・ジョンウン(ミョンソの妻先役)、キム・ギョンホ(ギョンソン役)など国立劇団団員たちの 演技の密度は高かった。
 最後のシーンで、すさまじさの極限状態の中、「兄さんの魂は私たちを見捨てないだろうから、ぐっと こらえて生きていこう」というグムニョの絶叫は、これ以上転落することのない人々が底辺から絞り出す荘厳な意志と同じだった。ここで原作にない、きちんと した服を着た男女が登場し、この状況そのものを関心なさそうに見つめるシーンが挿入されている。このシーンは作品の幅を広げてはいるものの、芝居のテーマ があいまいになるという悪い面も出てしまった。民族の受難と抵抗を語る悲劇が、突然貧富の格差という社会問題を描く作品に変わってしまったように見えた。
兪碩在(ユ・ソクチェ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


毎度の事ながら、かような質の悪いいんちきをほざくのが彼らの習いですな。デビュー作を書いたのが1932年ってばっちし日帝時代じゃないですか。独立後に書く分にはいんちきでも、そのような内容ならば、歓迎されるでしょうが、日帝時代ならば、彼らの感覚からすれば、書いてはいけない内容じゃないですか。
となると、闇で書いた物であって、演劇などはずっと後の事だったのでしょう。まあ、当時にはすでに韓国人でも演劇に加われた事は明らかでして、しかもそうした事は彼ら自身も認めているはずです。
しかも、その内容に知れっと日本に出稼ぎってあるのですからな。彼らのいい分ではますます搾取される行為を、このんでやるはずもありますまい。やはりお粗末ないんちきのために、ところどころぼろが出ていると言う事に他ならないのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 存在自体が非合法 | ホーム | 相手が中国で暮らす事を承諾しての事か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP