FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子供のためと言いながら割を食う気のない親はくずだ

皆さんこんばんわ。当ブログでは外国人問題に関してよく取り上げているのですが、最近では、なかなかネタが見つからなかったのですが、久々に見つけましたのでまずは本文からどうぞ。

川崎のフィリピン人一家「子どものため日本に」、在留特別許可求め活動/川崎


在留資格のないまま長年日本で暮らす川崎市内のフィリピン人一家とその支援者が、在留特別許可を求め署名活動などに取り組んでいる。3人の子どもは日本生まれで、話せる言葉は日本語だけ。「子どもたちのためにも日本にいたい」と訴える父親のフェルナンド・ロペスさん(49)らは20日、東京入国管理局横浜支局に嘆願書を提出する。 在留特別許可を求めている一家は、ロペスさんと妻のロリータ・コスタレスさん(43)、小学6年生の長女、小学1年生の長男、保育園児の次女。

 ロペスさんは1986年3月、観光ビザで来日し、建設作業員などとして働きながら、幼なじみのコスタレスさんと日本で再会。長女、長男、次女をもうけたが、オーバーステイ(不法滞在)の発覚を恐れ、出生届は出していない。

 日本の生活になじみ、友達がたくさんできた子どもたちは、フィリピンの公用語のタガログ語や英語は理解できない。いずれ母国に帰るつもりだったが、長女の小学校入学を機に、一家5人は日本での暮らしを強く望むようになった。

 ところが、在留特別許可を取得する準備を進めていた矢先のことし6月15日、コスタレスさんが出入国管理法違反の容疑で警察に逮捕された。ロペスさんと子どもは翌日、同支局に出頭しオーバーステイの違反事実を申告したが、コスタレスさんはいまも入管の収容場に拘束されている。

 ロペスさんは「フィリピンに帰らないといけないかもしれないと話したら、子どもたちはみんな泣いていた。日本で勉強させてあげたい。お願いします、助けてください」と話す。

 地域の人々は「ロペスさん家族を支える会」を結成。署名活動を展開し、子どもたちが通う小学校長や担任教師ら11人に嘆願書を書いてもらい同支局に提出する。同会事務局長の原千代子さんは「地域に根を下ろし、真面目な生活を送ってきた善良な市民。ロペスさん一家は、日本社会の一員として認められてもいいはず」と訴えている。(引用ここまで。7月20日分)

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1107200030/


3年前のカルデロン一家の例もあるように、このような事例には全く共感を持ちえません。とにかく不法滞在はとっと失せろ! 大体、親からして、罪の自覚と言う物が欠けているとしか言いようがありません。
何しろ、何とか自分が割りを食わないで済ます事が第一なのですからね。元はと言えば自身のエゴから発して、そのエゴに子供を巻き込んだのですから、子供に災いが及ばないように親として前以てなんかしらの事をすべきではなかったでしょうか。
しかし、現実にはこの種の親のやることは常に自分のエゴ以外には子供に何にもしてやらないのです。子供のためとは言いながら、そこには常に自分のエゴ優先で、エゴのためには赤の他人ばかりか自分の子供までも巻き添えにするのです。
このような連中に子供のためなどとは安易に言ってほしくありません。少なくとも、自分の欲求に子供を付き合わせる以上は、それにふさわしい苦労や我慢を子供のためにするべきです。そう言う事を一切せずに、ただひたすらに「子供には罪はない」と唱えて自身の負担を逃れんと欲する親には親としての資格が疑われます。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

<< 分裂過多の組織⑤ | ホーム | 国旗・国歌物語⑱ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP