FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いっその事、自殺したらどうか

皆さんこんばんわ。今日は23日分の記事の補足的な意味を込めて書きます。
まずもって、いったんは、このフィリピン人の親は自殺してみてはどうかと思いました。自分の罪を謝罪し、かつ子供にはお慈悲をと言う意味を込めての自殺です。しかし、やはり駄目でしょうな。
かつて、とある店舗で万引きが起こり、その下手人を店主が追っかけて、それを振り切ろうと、下手人が線路に入って電車にはねられて死亡した時、無責任なマスゴミが、「たかが万引きで人が死んだ」と強調した結果、その店舗が周囲のブーイングにあって店舗を閉めざるを得なくなったと言う出来事がありました。
これがあるから、このフィリピン人が本当に自殺したならば、これと同様に、マスゴミが騒ぎ立てて、いっそう、不法滞在に対する同情報道が強烈になり、この後、不法滞在者による「死ぬ死ぬ詐欺」なんて代物が生じてしまうかも知れません。
まあ、そんな訳ですから、自分としても本気で自殺すべしとは言えないし、また、この親が自分にとって割を食らう形で子供のために尽くす気がない以上、自殺なんて事がありえるとは思えません。ただ、この事は比喩的、理念的な意味合いとしては熟考すべき事だと思います。
この親は子供が生まれても、出生届けを出しませんでした。それは自分らの不法滞在がばれるのを嫌がったためであって、わが身かわいさのエゴによる物であって、その結果が現状に持ち越されたのではなかったのではないでしょうか。
いまさら、子供のためと言っても、しょせんは自身のエゴの範疇に属する物であって、とても掛け値なしの「子供のため」とは言えません。子供のためと言う大義名分を持ち出すのであれば、自分が割りを食らうこと、場合によっては自身の命を差し出すくらいの心がけを持って動くべきではないでしょうか。
もし、親が割りを食らう事が当然視されるようになったならば、不法滞在も減少し、親のエゴによって子供が振り回されるような事態もなくなって行くのではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト



テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

<< 離婚後300日問題 | ホーム | 分裂過多の組織⑤ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP