FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

こんな発想で「韓日友好」を主張するのか

「私は在日」半生を本に 指紋押なつ拒否の崔さん

指紋押なつ拒否運動で在日コリアンの人権を訴えてきた女性ピアニスト崔善愛(チェソンエ)さん(55)=東京=が半生を振り返った「十字架のある風 景」(いのちのことば社)を出版した。日本人でも韓国人でもない自分は何者か-。探し続けるうちに、70年前の戦争と無関係ではいられない自分を受け入れ ていく。「私は在日」。答えにたどり着くまでの旅路がつづられている。
 関西で生まれ、北九州市で育った在日3世。1986年に米国へ音楽留学する際、外国人登録法で定められた指紋押なつを拒否して再入国許可を受けられず、特別永住者の資格を奪われた経験を持つ。裁判や市民運動などの末、2000年に地位回復を果たした。
 日本で生まれ、友人の多くも日本人。指紋押なつへの疑問を訴えれば、国が動くと信じていた。期待は裏切られる。裁判では「言葉を尽くしても伝わらない」ことを経験。外国人として扱われる現実に、先の大戦で朝鮮半島が植民地支配された歴史を実感した。
 それでも生まれ育ったのは日本だ。本当は何者か。好きな音楽の道を歩むためにも「自分」を見つけたいと、留学を決意した。
 帰国できない不安の中、亡命者でもあるショパンの音楽に心を揺さぶられた。居場所を追われた悲しみ、怒り…。米国の恩師もまた亡命者で、離日して学ぶうちに「日本人でも韓国人でもなく、在日としか言いようがない」と気付いた。
  数年前、かつて実家があった北九州市小倉北区を訪ねたときだった。それまで何げなく見ていた近くの「メモリアルクロス」の説明板が目に留まり、朝鮮戦争で 犠牲になった米兵の慰霊碑だと知った。北九州と朝鮮半島。二つの“古里”もまた、戦争とは切り離せないのだと思い知った。
 ただ、戦後70年の今、戦争を振り返る報道は多くても、植民地支配に関する検証は少ないと感じる。日本のどの町とも切り離せない歴史なのに。朝鮮戦争の特需が戦後復興を支えた側面も忘れてほしくない。
  裁判中には「日韓の歴史を問い続ける多くの日本人と共に歩み、人間の大いなる良心を知った」。今年の安全保障関連法案に反対するデモでは、先の大戦で父親 を亡くした知人が平和を願って参加する姿を目にし「演奏する音にその人たちの声を刻もう」と誓った。在日のピアニストとして歩み続ける。
=2015/11/23付 西日本新聞朝刊=


悲しい人ですなぁ。既に朝鮮戦争は事実上の終戦状態で、あの時と打って変って平和状態にあると言うのに、それでいながらそうした国に対するシンパシーと言う物をあえて避けています。
さりとて一向に日本に対してもそれほど迎合する気がある訳でもなく、こんなありさまだから、これらの連中が半島の韓国人とは別に日本で受け入れられる事はないし、半島の韓国人からも嫌われているのも納得が行くと言う物です。
日本定住者と言う事で、この御仁にも日本人の友人と言う物があるようですが、所詮はそんな物は彼女のそうしたエゴが影響して来ない、個人的な範囲での物でして、そんな物は決して「韓日友好」にはならないのです。何しろ、彼女自身が日本国民にあらずと言う公的な立場をわきまえる事なく、ひたすら差別だとごねて、我が国の公的な部分をないがしろにする事では改める事がないからです。また、帰れるはずの韓国への帰還に関してもひたすらばっくれている状態でして、本来祖国であるはずの韓国に対しても控えめにながらも悪しく見なしていると言う事ではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト



<< 周辺も一緒に釣り上げないと鉄道の価値は活きて来ないと言う事だ | ホーム | 役職の注目度とランクと階級50 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP