FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子供の人権は親のエゴの延長線上にしかないのか?続き

皆さんおはようございます。個人的には、皮肉なことに、休みがまばらな時期に限って晴天が多いと言う、ある意味ではあまりありがたくない有様であります。さて、今日は、昨日の分の続きを書きたいと思います。

フィリピン移民の一世が家族を置き去りにしたまま、戦後日本で暮らして存命していて、そこにフィリピンで暮らしていた二世が尋ねてきて、「お涙物語」となった訳ですが、そこに親のエゴ怠慢が存在している事を忘れてはなりません。
その事は前回書いた通りですが、元来そうしたけしからん事が「お涙物語」と化しているのは、だれもフィリピンにおける人権なんぞは本気で詮索していないのです。移民でしかないのを「残留日本人」なんぞと、フィリピンはスターリングラードかガダルカナルくらいにしか見られていないのです。だから、父親が戦後終始、フィリピンの家族がどうなっているか尋ねようとしなかったことに関して、マスゴミもフィリピン日系人リーガルサポートセンターも非難しないのです。
それだけに、元来行ってしかるべき事をこの父親が行ったならば、却って妙な出来事になったかもしれませんね。マスゴミはその種の報道をしないだろうし、フィリピン日系人リーガルサポートセンターにいたっては、無視するか、娘を日本に連れ帰るように働きかけた事でしょう。
そして件の娘に関しても、再びフィリピンで暮らそうと父親が尋ねて来たならば、その時こそ、これまでほっといた事を口実に追い返すか、日本に連れて行くようごり押したことでしょう。
そこでは、かように親のエゴが都合良く、娘やその他の連中にとって利益になっているために、人権が強調される一例となってますが、裏を返せば親にとって何の得にもならない所には、子供の人権はないと言う事にもなります。
子供の教育に関しても、親が負担をしてやれば充分成り立つであろう事は多くの場面で無視されています。日本語の習得も外国人学校への就学も、ひたすら親が費用を負担する事を忌避する事によって子供の教育が阻害されると言うのが真相であるはずなのに、親のエゴによって子供に対する人権侵害の巻き添えになっているこうした事実が無視されています。
国籍法改悪の内容もまたしかりでして、フィリピンでの暮らしも夫(子供にとっての父親)も不要と考えているのは母親であって、必ずしも子供自身が不要と言う訳ではないのに、母親にとって不要と見なされた段階で、問答無用で子供にとっても不要の物とされてしまっています。そこでは、子供の人権は、母親が望む日本移住のみであって、フィリピン定住も父親の存在も人権の範疇からはずされています。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル : 政治・経済

<< リポーターが防水のためにマイクにコンドームを被せていた | ホーム | 子供の人権は親のエゴの延長線上にしかないのか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP