FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

役職の注目度とランクと階級56

「役職の注目度とランクと階級」第56回目です。
ナチス親衛隊の存在は注目度が高い一方で、非常に分かりにくい組織でもあります。まずは、個々人の身分と、所属するセクション、やっている事とは別個に考えた方が良いと思います。
改めて言えば、(一般)親衛隊員だからと言って、必ずしも親衛隊で仕事があるとは限らず、武装SS隊員だからと言って、武装SSの部隊に属していたとは限らず、さらに警察官でも警察部門に属したり、治安活動に従事したとは限らないと言う事です。だしぬけにこんな事を書いても理解しがたい訳ですが、まずはこの点を抑えておくべきでしょう。
一言で親衛隊と言っても、全てがナチ党の私設軍団と言う訳ではなく、よしんば親衛隊員と言えども兵役自体は国防軍で就く事が義務付けられていて、武装SSに属する者だけが例外とされていました。この点がまず、親衛隊員だからと言って親衛隊で仕事がある時限らないと言う事が指摘できる内容なのです。
そこから言うならば、親衛隊の医師と言えば武装SS隊員である事が望ましいのです。そうでなければ、親衛隊員の身分があっても、国防軍で軍医として徴用されると言う事がありえたからです。
強制収容所での人体実験と言えば、親衛隊による物と言うのが通り相場でして、上記の条件に従えば、武装SS隊員の医師が収容所に詰めて行ったと言う風に解釈されるのが当然でしょう。その結果、代表的な人間としてヨーゼフ・メンゲレが登場します。彼はれっきとした武装SS隊員として東部戦線に従軍した経歴を有していて、その時の負傷によって前線勤務から外されて、強制収容所に配属されて人体実験に従事しました。
一方では、有名な所でジークムント・ラッシャーなる医師がいました。ラッシャーは武装SS隊員ではなく、一般SS隊員であり、いくさには空軍軍医として従事していました。そのために、強制収容所で人体実験に従事した時の写真では空軍の制服を着用しているのを見る事ができました。
ラッシャーが行った人体実験は強制収容所で行われた物の、もっぱら親衛隊のためだけの物と言う訳ではなく、実際にはどれだけ役に立ったか分からない。むしろ役立たずな行為だった訳ですが、空軍で必要と思われた事が強制収容所に持ち込まれたと言う事でして、結局それ自体は空軍と親衛隊のあいのこの環境の元で行われたと言う事になります。広い意味ではこの件に関しては空軍の犯罪と言う事が指摘できる訳ですが、やはり、親衛隊の陰に隠れてしまっていて、そこでは空軍は目立たないで済んでいたのです。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 住所もねつ造が倣いの韓国人 | ホーム | 徳川親藩伝⑲ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP