FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ひたすら親分子分の関係にこだわる中国

なぜだ!中国はこれだけ強大なのに日本はなぜ屈服しないのか=中国

中国は世界第2位の経済大国であり、軍事的にも近年は急成長を遂げている。中国人は自国のぼっ興に誇りを持つと同時に、驕りもあるようだ。  中国メディアの今日頭条はこのほど、中国は日本を上回る経済規模をほこり、軍事力としても米ロに次ぐ実力を持っていると主張する一方、多くの中国人は「中国に対して屈服しようとしない日本が不思議でたまらない」と思っていると主張する一方、こうした中国人の考え方は誤ったものだと論じる記事を掲載した。  記事はまず、現代においては国家という組織だけが国際情勢を左右するわけではなく、グローバル企業や非政府組織なども大きな影響を持ち始めていると指摘。国と国の関係だけをもって国際関係を論じることはできないのが現代だとしながらも、あくまでも日本と中国という国の関係を見た場合、「近年の日本で軍国主義が台頭してきているのは、国土の大きさや経済力とは無関係だ」と主張。  中国ではしばしば、日本で軍国主義が台頭してきているとする報道が多く、かつて日本が中国に侵攻したのも日本の国土が小さく、国土拡大のためだったという主張も見られる。  一方で、これまでの世界史を紐解けば、国土が小さく、人口も少ない英国が世界を牛耳った例もあるとし、「国土の大小や人口の規模を見て、国家の優劣を論じることが間違っている」と指摘。日本の国土が小さいからといって、国土の大きい中国に屈服するわけがないと論じた。  また、中国やインドはかつて世界有数の経済規模をほこったが、経済規模は中印以下であったが、産業革命を成し遂げた英国に支配されたと指摘し、経済規模も国の優劣を決める要素にはならないと指摘、だからこそ日本が中国に屈服することはないのだと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



どうも中国は韓国同様に、対等の関係と言う概念を容認したがらない所があるようです。ここでの話は小さいなりにもよその誰かが独自の立場の元に動くと言うだけでしかないと言うのに、それを、自国より小さな存在なのに、自分らに迎合しない事で日本を異常視しています。彼ら的には自分らの方がでかい存在なのだから、他の小さな存在は、自分らの子分となる事が当然だと思っているのでしょうか。
どうも彼らにしてみれば、どうでも日本が自分らに対して忠実な子分であってくれる事を望んでおり、そうでなければ、むしろ日本の方こそ自分らを飲み込んでしまうのではないかと言う風に恐れているのではないでしょうか。


クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< すってしまった分をよそで我慢できれば良いのだが | ホーム | 利益認識の乖離227 >>


コメント

シナとか大陸国の特徴なのかな、規模とかサイズが唯一最大の基準らしい。一種のマッチョ基準です。これに個人レベルで寄りすぎると妄想になると思う。努力をしませんから。


密度が重要。民度が重要。言語とセンスの習熟が、継続的に高度な文化文明に欠かせない。
それがコミュニケーションの不可欠の要素で、付加価値をつける基礎になる。
たまに文化的に英傑が現れても一代限り。英雄もいいけど、個人主義では継続性がない。これでは文化文明の広がりは期待しづらい。

平凡人でも、誠実で引き継ぐ意識の高い多数者が次世代の英傑の出現をまつ揺籃となる。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP