FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

すってしまった分をよそで我慢できれば良いのだが

アンケート結果:生保受給者に対するギャンブル制限の是非

昨日、以下のようなエントリを書いたところ、様々なメディアに転載が行われ沢山のアクセスを頂きました。関係各所の皆様方には、改めて厚く御礼を申し上げます。ギャンブルは「最低限度の文化的生活」に必要か?http://blog.livedoor.jp/takashikiso_casino /archives/9154523.htmlで、実は当該エントリで扱いました生活保護受給者に対するギャンブル制限に関しま…



仮にパチンコを単なる娯楽だと言う前提で物を考えるのであれば、よそのゲームのごとく、パチンコ台をどこからか調達して、それを無料でプレイさせると言うやり方も検討したらどうでしょうか。しかし、それで普段パチンコにはまっている人間を引きつける事ができるかと言う点では疑問ですね。

パチンコが純然たるゲームだと言う前提で成り立っているのであれば、ひたすら玉を打って、しかるべき穴にその玉が入って、沢山玉が出れば良し。よしんばそうでなくて、玉切れ状態になっても、台の中に収まっている玉を取り出して、再び打てば良いと言う事で満足できるのでしょうが、現実は、出た玉を景品、そして特定の景品経由でお金に換えられると言う行為ができなければ、普段パチンコにはまっている者にとっても、およそ魅力のない物になり下がってしまう事でしょう。

世の中の多くのパチンコに高じる人間にしてみれば、より多くの景品やお金を得られる事を狙っているのでして、それでもお金を消費したまんまで、その分、よそでの出費が不可能になってしまうと言う事態に陥る事を我慢できるのであれば、それでもいいのでしょうが、ナマポ受給に与らないで済んでいる両さんなんかにしても、他の人間にいろいろ無心を望んで、あまつさえ、一旦それをやったら、ひたすらばっくれて踏み倒しに持ち込もうなんて人間だっているのです。

ナマポの受給者に至っては、結局、生き死ににかかわる事だと、それまでのふしだらを度外視して一種の瀬戸際外交を行って、別途援助乞うと言う事態になりやすいとなれば、やはりあらかじめそうした事に対して制約を課す事は当然でしょう。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 寄付の文化⑦ | ホーム | ひたすら親分子分の関係にこだわる中国 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP