FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

どうせ碌な台詞は用意しないのだから中国語のまんまでいいんじゃないか

抗日ドラマに物申す!バカバカしい内容に日本語のセリフだらけ―中国

2014年4月1日、中国メディア・中華網の掲示板に「現在の抗日ドラマは日本語?それとも中国語?」と題したスレッドが立った。以下はその内容。

【そのほかの写真】

抗日ドラマというものは本来、民族鼓舞という良い目的で作られている。だが、現在の抗日ドラマはバカバカしい内容のものばかりだ。いつの頃からか、テレビや映画で外国人が登場すると、外国語でセリフを話すようになった。抗日ドラマに出てくる日本人は日本語を、米国人は英語を話すのだ。

外国人が外国語でセリフを話すことで、ドラマや映画のレベルが上がると制作者は思っているのだろうか。もし外国人俳優の登場するシーンがドラマの半分以上を占めるのなら、それは外国語ドラマになってしまう。中国語の字幕があるといっても、近視の人はどうする。高齢者や子供はどうする。視力のいい私でさえ、テレビから少し離れると、小さい字幕が見えづらい。

現在の抗日ドラマのデタラメな内容には我慢できても、そこに出てくる日本人や米国人の外国語にはうんざりする。もし外国人俳優が必ず外国語を話す決まりならば、最も多くの言語が必要になる作品は一体何なのか。

それは「西遊記」だ。多くのシーンが漢民族の居住地域以外で撮影されている。だが、実際には西遊記のなかで外国語のセリフはほとんど出てこない。西遊記がいつの時代も人々に愛されている理由がここにある。外国語にこだわる監督やプロデューサーは考え直すべきだ。当局もドラマや映画のセリフに外国語の使用制限を設けるべきだろう。(翻訳・編集/本郷)


抗日ドラマ自体がフィクションの度合いが著しいと言うのに、妙な所でリアル感を強調するのですな。前にも書いたように、抗日ドラマの内容の荒唐無稽ぶりからして、まずは「北斗の拳」を連想した物です。要するに抗日ドラマと言うのも、アニメーションでやった方が却って違和感がないのではないかと言う訳です。
我が国でもアニメーションならば、外国人だろうとエイリアンだろうと日本語でと言うのが当たり前状態でして、ドラマの荒唐無稽ぶりからすれば、それにならってもいいんじゃないでしょうか。よしんば実写においても、同様な結果に至るケースなんかは珍しくないのですよ。
そう言えば、罵声の「レベル」関して言えば日本語よりも中国語の方が上だそうだから、そう言う視点からしても、日本軍役に自国の俳優をあてがって中国語で演じさせてもいいんじゃないですかな。そう言う場合、器量よしは採用しないと言う話だし、日本軍の台詞にはどうせ碌でもない内容を用意しているのでしょうからね。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< もっぱら自身の睡眠時間のみ詮索していればいいと言う物ではない | ホーム | 言語における文字の影響⑫ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP