FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

利益認識の乖離233

「利益認識の乖離」第233回目です。
昨今は個人情報保護に関して昔よりも厳しくなってきております。しかし、こんな事を言うのもなんですが、会社内における個人の営業成績と言うのは、そうした個人情報の範疇に入らないのでしょうか。個人情報の保護と言う事が叫ばれている昨今のご時世にあっても、少なくともこの事に関しては余りにないがしろにされているのではないでしょうか。前回にも述べたように、多くの会社においてできの良い社員をたたえる事を衆人環視の元でやる事が当たり前すぎています。
まあ、こんな発想に至るのも自分自身がそうした事を好まないからなのでしょうが、欧米に比べて集団プレイと言う事が我が国の仕事において強調されやすい中で営業だけが例外的に個人プレイが強調されている傾向が強いように思える事からすれば、いちいち個人の成績を他人に周知するような必然性があるとは思えません。それこそれっきとしたプライバシーの保護の対象として他人の目から隠ぺいしても良い事なのではないでしょうか。我が国では、そうした事を平然と他人に言いふらす事を当然視しているのです。
単に個人間での競争をあおると言う視点からするのならば、別段その成績を出した人間の名前まで公表する必要などなく、成績の値だけ出しておけば良いのではないでしょうか。既に述べたように、人間と言う物は、他人に抜きんでるためには、もっぱら自身を高めるのみならず、他人の足を引っ張る事だってやってしまう事がある物です。だからこそ、もっぱら個人プレイで物を考えるのであれば、他人の足を引っ張れないようにするために、社員間の間隔を広げてぶつかりあわないようにならないようにしたり、あるいは、どうせ協力し合わせないで済ますのであれば、よその社員に関する情報なんかを、要するに営業成績なんかは教えないでおくのに限るのではないでしょうか。
これらの発想は、社員間の対立や相克と言う事が前提となっている訳でして、そう言う環境の元では特定の社員ができが良いと言う事を衆人環視の元で褒めたたえても、大かれ小かれ敵視の対象となってしまう物ですから、逆に社員間での和を促す事。それが日本的と言うのでしょうか。営業の場合でも、もっと全体の和を強調する事を優先する事を前提にしてこそ、できの良い個人をたたえる意味が成り立つ物だと言えるのです。ねたまれたり、敵視されないで済むと言う安心感があれば、衆人環視の元でそうされる事にも不安がなくなると言う物です。


長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< だからと言ってそれに合わせてこちらも中国に好意を持てるとは限らない | ホーム | 狂気とエゴに燃える奴 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP