FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

何でも日本が負担するのは良くない

本日2度目の更新は朝に引き続いて、外国人看護師受け入れ問題の続きであります。

外国人でわが国の看護師国家試験受験者がべらぼうに低いことを引き合いに出して、わが国はこの方面で厳しすぎると指摘する人もいるようですが、自分としては逆に甘いからこういう事になったと判断しています。
何しろ、試験の内容に不釣合いな能力しかないような者まで、日本での研修に受け入れるからです。始めから、試験に合格しそうもない者は淘汰してしまえば、少なくとも合格率がかくも著しい低率になってしまう事は免れたのではないでしょうか。
こんな事を書いていると、ただ合格率だけを問題にして、受け入れ看護師の絶対数が少なくなる事は度外視しているのかと反論が出そうですが、単に役に立たない者は排除するしかないと言うだけの事であります。それとも、絶対数の確保のために必要な質までも落としても差し支えないと言うのでしょうか。
この事で、フィリピンとは折角EPA協定を結んでいるのに、それに反すると言う反論もあるでしょうが、わが国が必要なのは看護師であって単なる外国人労働者ではないという事です。全くわが国の規格に合わない者を多数頭数をそろえた程度でしかないフィリピンこそいい加減のそしりを受けるべきであって、もし、フィリピンがより多くの自国民の雇用を海外に求めようならば、その点の所を踏まえるべきであります。
一方、わが国においても、この種の事に関して安易に差別とか言う考えは捨ててかかるべきです。結局それは、朝に言ったようにお恵み根性でしかないのです。
そもそもこれらの外国人看護師は自己負担で研修を受けるのでしょうか。少なくともわが国の看護師は自己負担で専門学校に通って看護師を目指しているのです。自己負担が存在しない以上は、他で何があろうとも、差別されているどころか、優遇されていると言っても差し支えないのではないでしょうか。
もし、これらの連中が掛け値なしに差別抜きの日本の病院での就業を望むのならば、自己負担で日本語学習から専門学校での就学までやってもらいたい。そう言うプロセスを選択できない以上は、別の方面でなんかしらの割を食うのは当然と割り切らざるを得ないのが当然でしょう。
改めて、両国ともわが国の側で万事研修の負担をするのが当然だと言う発想を払拭すべきであります。もっとフィリピン側でも負担をして、来日後の研修の負担を極限化できるようにしないと、試験における合格率にひびくと思います。また、受け入れ病院にしても、合格率が著しく低い有様で、多人数を実地研修を受け入れるなど無駄の極みでしかないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

スポンサーサイト



テーマ : 労働問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 脱北者の存在と朝鮮学校の是非 | ホーム | お恵み根性は捨てろ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP