FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

在日朝鮮人のアイデンティティとは・前編

皆さんこんばんわ。本日は6日に引き続いて、在日朝鮮人に関して書いて行きましょう。
先日は、必然性のない、朝鮮学校なんぞは無償化はもっての他であるばかりか、解体こそ望ましいと書きました。
そもそも、在日朝鮮人たちは、祖国の悪行に関しては知らぬ顔でして、わが行為にあらずとして距離を置いている訳ですが、ではそんな国に対してどうして祖国と見なすことをやめずに、子供を朝鮮学校へ通わせるのでしょうか。
百歩譲って、かの国の反日がないと言う前提で物を考えても、かの国に移住を望まず、世襲で日本に鎮座し続ける者が多い現状からしても、朝鮮学校など通わせるよりも公立学校ならば、問答無用で無償ないしは最低限の費用にて就学させる事ができるはずなのに、必然性もなく、無償化と就学とを同次元に置いて(裏を返せば、無償化からはじく事は子供の就学を禁じる事と勝手に決めてかかる)朝鮮学校の無償化をごねてまでも、子供を朝鮮学校へ通わせようと言う考えにしがみ付いています。
ノーマルに考えたならば、却って理解不能に陥るのであって、別の事例からその答えを見出すべきでしょうか。去る3年前、国籍法改悪とカルデロン事件が起こりました。双方の共通点は、エゴあるいは不道徳をしてでも日本にいつかんと欲するフィリピン人であると言う事ですが、相違点としては、国籍を欲するか、単に滞在許可かの違いであります。
いずれにしても、単に不二子る手段としての行為であって、格別、まっとうな日本国民になりたがると言う意図など存在してはいませんでした。前者にしても、せいぜい、自身の日本鎮座のための駒に過ぎない子供に日本国籍を押し付けただけの事であって、わが国にいつかんと欲する母親自身が日本国民たろうと欲した訳ではなかった訳です。
いずれにしても、要するに日本鎮座が出来れば良いと言うだけの事であって、よその事などどうでも良かった訳です。
話は戻って在日朝鮮人の場合もこれに当てはまるわけでして、既に日本鎮座が当たり前の状態にある以上は日本国民になる必要などないと言うことでしょう。それなればこその朝鮮学校と言う事だと思います。

さて、夜半も過ぎた事ですし、続きは後ほどと言う事にしまして、ひとまずお休みといたします。_ノフ○チカレタビー

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト



テーマ : 移民問題 - ジャンル : 政治・経済

<< 分裂過多の組織⑨ | ホーム | 脱北者の存在と朝鮮学校の是非 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP