FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子供にとって日本はヤッターキングダムか③

「子供にとって日本はヤッターキングダムか」第3回目です。
去る8年前の国籍法改悪とカルデロン事件との比較はつくづく両立しない話であります。どんなに子供の人権を強調した所で、所詮そこには親のエゴ優先でしかそうした物が意識されていないと言う事がそこでも明らかになっていた物です。ノリコ・カルデロンの主張を是とするのならば、元々フィリピン生まれである子供たちにとっても、フィリピンに友だちがいて、離れがたしと感じていたのではなかったのでないでしょうか。
しかし、支持者やマスゴミにしてみればそうした事は頭になく、日本に来れば万事OKだと言う事なのです。彼らにとっての人道支援とは、さながらガダルカナル島撤退のケ号作戦のような感覚で捉えているようですが、却って日本に引き込む事こそ、そうした子供たちに孤立の道を強いる事になったのではないでしょうか。
これまでだって、彼らは往々にしてそうした外国人の子供たちが日本の学校で差別にあって苦しんでいると主張しているのです。差別の真偽に関しては別としても、そうした主張がある事自体、孤立の道を強いたと言う事は決して外れた結論とは言えません。
さて、自分自身は機動戦士ガンダムよりも銀河旋風ブライガーの方が良いと主張した物です。世間的には前者に比べて後者の知名度などはたかが知れているでしょうが、さりとてそのような評価をしてはいけない筋合いはなく、来日して来た子供たちにとっても、彼らなりの「ブライガー」が元の国にあった事でしょう。自分の意志に反して、そうした物を放棄させられて来日して来たのです。
それらの連中に対して、我が国がいくら手厚い支援を施し、一緒に学ぶ日本の生徒たちにフレンドリーたろうと求めたとしても、所詮、そこにはそれらの外国人の子供たちがある種のすっからかん状態で来日したと言う風にしか認められずに、彼らなりに大事な物を放棄させられている事など知る由などない状態である事が少なくないと思います。
考えようによれば、それらの子供たちにとっては日本での暮らしは自分の意志に反して日本を好きになる事を強いられる洗脳教育の場ではないでしょうか。彼らがある種のすっからかん状態だからこそ、あたかもそうした事が良い事のように見えるだけであって、元々大事な物が向こうにあったのならば、どんな事をしても、必ずしも肯定的に受け取られるとは思えません。場合によっては、自分の意志に反してこんな所に連れて来た親を恨み、元の国にもこんな良い物があると言う事を理解しようとしないで、ひたすら自国の良さを押し付けようとするだけの日本を憎む結果となって、それが社会におけるトラブルの種となる事でしょう。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< アニソン考察集⑧ | ホーム | 利益認識の乖離245 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP