FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ご都合的な差別主張①

本日2度目の更新は、新聞からの引用です。

婚外子の差別撤廃は当然

大阪高等裁判所が憲法の「方の下の平等」に違反するとして、婚外子にも嫡出子と同様の相続を認める決定を出した。
世界では男女平等や人種差別撤廃が進み、自由平等が進んでいる。婚外子を差別する国は日本以外にわずかで、国際機関からも差別撤廃を求められているそうだ。今もこの規定が民法で効力を持っていることに現実との隔たりを感じた。
人間のいかなる権利も、獲得する闘争なくして実現した物はひとつもないといわれる。人間の歴史は「権利のための闘争」とも言われる。今回の決定で、この事を強く感じた。
結婚しているかいないかで相続で差が出るのは「法の下の平等」違反そのもので、この規定が今まで存続してきた事は、日本人の権利意識の低さに起因していると言うべきか。
大阪高裁の決定はきわめて常識的で現実にマッチしている。民法の規定を早急に改定すべきだと思う。(引用ここまで。10月19日分)

MXで放送している再放送アニメ「キテレツ大百科」に登場するブタゴリラこと熊田薫は実家の八百屋の仕事にいそしんでいます。こう言う人間ならば、遺産相続の対象とする事は当然でしょう。それに引き換え、私生児の場合、往々にして父親とは別居状態で、ブタゴリラのような役割を担う事はありません。
こんな表現をとるのはなんですが、嫡出子の場合、どんな時でも、その男を父親と称さなくてはなりません。嫌でもそうせざるを得ない逃げ場のない苦労を背負っているのです。それに引き換え私生児の場合、別居状態が普通ですから、その男を赤の他人としてばっくれることは容易です。遺産相続の時に限って子供面をするご都合主義じゃないでしょうか。
このような時でも、往々にして差別が口にされますが、そもそも「父親」たる人物から、普段の段階から差別されているのではないでしょうか。私生児も嫡出子と等しくわが子と言うのであれば、なぜその父親は自分の家に同居させなかったのでしょうか。わが子ではなく、赤の他人扱いだからこその別居ではないでしょうか。
遺産相続の時に限って差別するなと主張する人でも、案外こうした発想には至ってはいません。差別せずに等しくわが子ならば同じ家で同居させるのが筋ではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



テーマ : 差別問題 - ジャンル : 政治・経済

<< ご都合的な差別主張② | ホーム | 分裂過多の組織⑪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP