プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

国際結婚の最大の問題点⑨

「国際結婚の最大の問題点」第9回目です。
改めて、国際結婚の最大の問題点は何かと言えば、日本人と結婚することで、そうした外国人たちが有利な条件で在留資格が得られると言う事に尽きるでしょう。そうした「特典」に与らんと欲する少なからずの外国人が偽装結婚に踏み切るのです。まあ、今回の記事に関しては、厳密には偽装結婚とは言えないのですが、その本質からすれば、同類でして、これもまた広い意味での偽装結婚と言えるのではないでしょうか。
移住女性が直面する複合的な課題 -地域における支援とネットワーク活動の現場から-
この記事に関して言えば、はなから移住が目的となっている事は、人権を論じる連中自身が認めている所であります。自分に言わせれば、はなからそれが目的であれば、結婚を利用するんじゃねぇよと言う事に尽きます。結婚を利用して、日本鎮座を目指そうと、ある種の横着をするから、その後でいらざる負担に出くわしてしまうのです。
連中は結婚自体に関して決して必要性を感じている訳ではなく、一旦結婚してしまえば、そんな事など度外視した行動、態度が目立ったと言う事に他なりません。結婚によって獲得てきた特典は結婚によってのみ維持されるべきであって、最初どのような思惑があろうとも、一旦結婚した以上は、西郷イトのように大真面目に結婚に取り組まなくてはいけないのです。しかし、果たしてフィリピン女どもはそのように考えていたのでしょうか。
一旦行った結婚で後々苦労を感じるくらいならば、始めから結婚によらずして日本在留を目指すべきでして、そこまでこぎつけるのにどんな苦労があろうとも、一旦それを成就してしまえば、それから先はもっぱら自身の努力によってのみそれを維持する事ができるはずでして、相手の男の協力と言う面倒な事は必要なかったのではないでしょうか。
後々の事を考えれば、あらかじめそうした苦労から始めるべきであって、結婚してから、諸所の苦労をするようになっても、それは万事自業自得であって、自分としては決して同情できないのです。よしんばその事で相手の男を恨むようならば、それは逆恨みと言うべきでしょう。彼女らにしてみれば、所詮は自分らが日本に居つくために彼らを利用したのに過ぎない以上、そうした本音が暴露されてしまえば、相手の男だって大激怒になったとしても異常な事ではありますまい。彼らが暴力の加害者だったとしても、それに対する不届きは大幅に割り引いて考えるべきなのです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< よしんば高給取りになっても何かの奴隷である事から逃れられない | ホーム | 中途半端に大国面できる立場にある物だから辛いなぁ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP