プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

至難の業のキャラクター商法①

去る3月に、「はなからそうした事を狙うからうまく行かないのだ」において、韓国がソウル市のイメージキャラクターとして創出した「ヘチ」に関連する商品の売れ行きがくまモンに比べて著しく劣っていると言う事を自覚してがっくししている話を取り上げた物ですが、あえてここでと言うか改めてくまモンと争うのが身の程知らずとも思いません。
優劣以前に、目指す事が間違っていたのではないでしょうか。そもそもくまモンだって始めからそのような結果になる事を前提に開発されていた訳ではありますまい。熊本市の広告塔としての役目を担えれば良かったのであって、売り物になるなんて事を意識していたとは思えません。何しろ、一自治体からの創出ですからね。はなから金儲けなんて事は、あり得ないでしょう。両さんだったら話は別でしょうがねぇ。
我が国においては世界的にもべらぼうにキャラクター文化が発展しており、多くの会社、あるいはそれ以外の組織が自前のキャラクターを創出している訳ですが、さりとて、それらのキャラクターが始めから売り物として存在している訳ではありません。よしんばくまモンのような例があるからと言っても、キャラクターが売り物として成り立って行くには至難の業と言う事が言えるのです。
そうした至難の業と言う言葉が立証できる例としてサンリオが上げられます。そうした事が容易であれば、サンリオのような会社が林立してしかるべきなんですが、現実はそうではないでしょう。この会社だけは、もっぱら自前で開発したキャラクターを売り物とする事を前提で成り立っているのです。
大抵の場合は、よその何かの人気に便乗した物がほとんどなんですがねぇ。韓国の「ヘチ」は狛犬が土台となっていると言う事の話ですが、自分的には狛犬から派生する物と言えば「コマさん」かなぁ。これとても、「妖怪ウォッチ」の視聴者だから思い付くのであって、そうでもなければこうはならなかったでしょう。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 絶倫ロボに見る男女の性差① | ホーム | 他人にばばを引かせたいだけなんじゃないか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP