プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ハイヒールは辛いよ

【実験動画】男性たちがハイヒールを履いて生活してみた → こうなった!「どうやって歩くんだ」 「走るのなんて絶対無理!」

男女平等がいくら叫ばれても、お互いの気持ちがイマイチ理解できない事柄ってまだまだある。男性が毎月やってくる生理についてピンとこなければ、女性も股間を蹴られた痛さは分からない。

ファッションでもそうだ。きっと男性が、ハイヒールで歩いたり走ったりする機会は少ないだろう。そこでこの度、ある男性たちがハイヒールを履いて生活してみたらしいぞ! どんな感想が飛び出すのだろうか……?
・ハイヒールを履くってどんな感じ?

「ハイヒール実験」を行ったのは、海外メディア『Stylist Magazine』の男性編集者たち。2016年になった今でも、ハイヒール着用を強制させられる女性たちがいることを憂いて、では男性たちにも履いてもらいましょうという流れになったそうだ。

チャレンジしたのは4人の男性。初めてハイヒールを履いた彼らは、「走れるのか」「きっと足首を折る」「引き受けるんじゃなかった」「どうやって歩くんだよ」と一様に不安なご様子。
・男性たち「こんな状態で走れるの?」

生活するシーンが始まって、まずは階段を降りてくる男性が映される。彼は「けっこう簡単。言うほどヒドくないよね」と語っているのだが……おおっと! 足元がふらついてコーヒーをこぼしてしまったよ!!

他にも階段を下りながら「ちょっと怖い」。路上を歩けば「アイススケートの靴を履いてるみたいだ」「これを履いて、どうやって女性は走ってるの?」「ヒールが折れそう」「足が痛い」などと、戸惑いの言葉が次々と述べられる。そして「こんなこと強制されるなんて、気の毒だ」との言葉も飛び出したのだった。
・ネットの声「ヒールの強制だなんてマジクソ」

ちなみに1500万回以上再生されて話題となったこの動画には、以下のように様々な反応が寄せられた。

「面白い動画だけど、ヒール着用が強制されるなんて知らなかった。ショック」
「ヒール強制なんて、マジクソ」
「私が働いていた職場では、メイクが強制されていたわ。だから次は男性がメイクして生活する動画を作って!」
「どれくらいツラいか、実際に試させるのは有効だよね」
「ヒールは好きだけど、強制されるとなると話は別」
「今までずーっと男性にヒールのツラさを試してもらいたかったの! 次はブラのツラさを知ってもらいたい。ブラを付けて!!」
「制服の一部にヒールが含まれているなら、履くべき。履きたくないなら仕事を辞めろ」
「男だってスーツ着用が義務づけられているんだよ!」

真夏のスーツ着用もツラそうだし、男性たちにブラを付けて生活してもらいたいとの意見も興味深い。けれども多くのコメントが、「ハイヒール着用強制なんて、マジ勘弁」という内容だったように感じられた。

1日体験しただけでは、ハイヒール着用に伴う外反母趾や腰痛、体のゆがみなどの問題は分からないだろう。今回 Facebook 上で聞かれたように、「ハイヒールは可愛いけれど、強制してほしくない」という意見に私(筆者)も賛成だ。腰の調子などにあわせて靴を選びたいし、なにより、強制されるとたちまち嫌になっちゃうよね。


やはりこうした物は、他人からすれば見た目は良いのでしょうが、実際着用する側からすれば、面倒な物なのでしょう。なんと言っても、接地面がべらぼうに小さい物だから、必然的に安定性でまずくなる。かかとの側では頻繁にぐらぐらする感覚があるのに違いありません。そしてそうした悪しき感覚から逃れられるために重点をつま先の方に意識しないと。しかし、そのつま先はやや常時つま先立ち寄りの状態ですからね。先っぽもまたきゅうきゅうの苦労をしているのです。到底自ら着用する物としては遠慮すべき代物ですな。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 所詮は付かず離れずか | ホーム | 本当は言うほどお宝はないのではないか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP