プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アニソン考察集⑬

「アニソン考察集」第13回目です。
アニメーションの本編中に、とある登場人物によって、その登場人物応分の歌が「歌われる」と言う事は往々にある物ですが、では、その歌が、その作品中に出来上がるプロセスはとなると、そんな深い事は考えるなと言う事になるでしょう。とにかく、その登場人物応分の歌があるのだから、その登場人物によって「歌われる」と言う事で筋は通っていると割り切ってしまうしかありません。
しかし、例外がない訳ではなく、その例外として上げてしかるべき歌として、「ドラえもん」の挿入歌の1つである「おれはジャイアンさまだ!」でしょう。
「ドラえもん」自体、すでに長寿番組の1つとなっており、その過程で出来上がった歌の数は半端ない物がある訳ですが、自分自身に関しては10年も見ていなかったと言う事です。その、ある意味短い期間の中にあっても、「おれはジャイアンさまだ!」は有名な挿入歌と言えましょう。
周知の通り、ジャイアンのはた迷惑の1つとして、歌を歌う事が上げられまして、その音痴ぶりは半端ない物がありまして、落語で言えば「寝床」のような物だと言えます。アニメーションの倣いとでも言うのでしょうか。ジャイアンが歌うと、映像がゆがんでしまう設定にする事で、耳だけでなく、視覚効果によっても、そのおぞましさが演出されています。
ただ、ジャイアン1人が独りよがりに、そうした自身の歌唱に自身を持っている有様ですから、そんな所から、作品中において自ら歌う歌を自作すると言う事がなされた訳であります。他の登場人物にしてみれば、ひたすらはた迷惑な歌でしかない「おれはジャイアンさまだ!」ではありますが、曲がりなりにもそれはジャイアン謹製の歌でして、リアルな世界においても「ドラえもん」の中の公式の挿入歌の1つと言う事に他なりません。
さて、リアルな世界においてのこの歌のデータでありますが、作曲が「ドラえもん」の中でもかなり多く作曲をしている菊池俊輔と、作詞がたてかべ和也となっております。つまり、リアルの世界においても、この歌はジャイアン謹製だったと言う事なのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 「汚物」投げこそ国技だな | ホーム | 実はばば抜き狙いだったりして >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP