プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

たったこれだけ

釜山の在韓米軍部隊、エンブレムに亀甲船のデザインを使用

第837輸送大隊が1997年から使用

亀甲船を部隊の公式エンブレムに使用している在韓米軍部隊が存在することが15日までに分かった。釜山に駐屯する米陸軍第837輸送大隊は、1997年からグリーンの枠の中にゴールドの亀甲船が描かれたイラストをエンブレムに使用している。エンブレムに描かれた亀甲船の中央の帆には漢字で「韓国」、艦尾の旗にはハングルで「釜山」と記載され、下部には英語で釜山港を意味する「Port of Pusan, Korea」と部隊の愛称「KARGO KINGS」という文字が書かれている。米軍が海外で現地国のシンボルを部隊のエンブレムとして使用するのは異例で、在韓米軍ではこの部隊だけだ。

 在韓米軍の関係者によると、この亀甲船エンブレムは1997年に釜山周辺に駐屯する米軍部隊の改編により第837部隊が新たに編制された時から使われているという。デザインを考案したのは、当時この部隊に勤務していたカイ・キャンベル氏。現在竜山の米軍基地に勤務するキャンベル氏は本紙の書面インタビューに「李舜臣(イ・スンシン)将軍は世界で最も偉大な提督だ。彼が造った亀甲船は韓国海軍の革新的なシンボルとして広く知られているため、これを部隊のエンブレムに採用するのは当然のことだ」と回答した。

チョン・ヒョンソク記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

亀甲船の真相と言う物を知ってしまえば、韓国が主張するほど大したものじゃないと言う事になるのでして、雨さんも大して重要な役割を担った部隊にそうした物を使用するのにとどめたと言う事ではないでしょうか。
韓国の言い分に倣えば、高い戦闘能力を有する精鋭部隊にこそそうした物が用いられるべきなのですが、あえてそのようにしなかった事からするに、雨さんもその程度にしか考えていなかったと言う事ではないでしょうか。ここでは、雨さんも李舜臣を持ち上げていますが、案外、単なるリップサービス程度くらいにしか考えていなかったのではないでしょうか。
それに比べて、日本に駐屯するアメリカ軍では、いろんな部隊で、韓国いわく「戦犯旗」を含んだ部隊標章が用いられている事からすれば、この程度で済んでしまっている事で、韓国としては、満足すべき事ではないのではないでしょうか。

ファビョ━━━━<#`Д´>━━━━ン!!!

<#`Д´>イルボンに比べて、ウリの国に駐屯する美国部隊でウリナラにちなんだエンブレムの使用が少なすぎるニダ。けしからんニダ。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 悪いのは消防法ニダ | ホーム | 「汚物」投げこそ国技だな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP