プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

我が国にとっては厄介物だが、韓国にとってはどうだか

舛添氏 国外脱出?「再就職のカギは韓国」

日本脱出か――。政治資金の私的流用疑惑を追及され21日付で辞職となった舛添要一東京都知事(67)が20日、都庁で残務整理などを行った。退庁時に恒例となっている花束贈呈などのセレモニーはなし。100人以上の報道陣の前を無表情のまま、何も語らず姿を消した。あれだけバッシングしていた世間は、すでにポスト舛添の話題に移行。しかし、このまま過去の人になってしまうことを舛添氏がよしとするはずはない。「再就職先のカギは韓国」と指摘する声がある。

 20日午後4時ごろ、多くの報道陣と観光客、都民が見守る中、舛添氏は記者たちからの問いかけには無言のまま都庁を去った。見送った都の職員は8人。フジテレビ情報番組の安藤優子キャスターは「夜逃げ状態」と例えた。

 同様に政治とカネの問題で辞職した猪瀬直樹氏は2013年12月の退庁時、幹部十数人と職員約50人に見送られた。その1年前に辞職した石原慎太郎氏の場合、約1000人が送り出している。寂しい“最後の日”となった舛添氏だが、居合わせた都民らは写真や動画を撮るためスマートフォンを向けるだけで、文句をぶつけることはなかった。

 21日は登庁の予定はなく、一連の疑惑に対する説明の機会も今のところない。14年に約211万票という多くの都民の支持を得て知事となった舛添氏だったが、今や9割の都民が説明に「納得できない」と感じるなど、東京は敵ばかりという状況に追い込まれた。まして全国ニュースで連日取り上げられたことで、批判の声は日本中に広がった。今後、どんな組織、立場になろうともバッシングされるのは避けられない。再起の道はどこにあるのか。

 永田町関係者は「韓国なら復活があり得るんじゃないか。都知事になって舛添氏は韓国との交友を密にしてきたから」と指摘する。その近い距離感を物語るのが韓国人学校の問題だ。

 舛添氏は14年7月に訪韓した際、朴槿恵大統領(64)からこの件について要請を受けていた。今年3月に東京都は韓国人学校の増設のため、都有地である旧都立市ヶ谷商業高校跡地(新宿区矢来町)を貸し出す方針を発表。訪韓自体も批判にさらされたが、都有地貸し出しにはより多くの批判が殺到した。

 今年2月に国会で「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログが話題になっていたように、待機児童問題がクローズアップされた時期だった。東京でも保育所の増設が求められており、都有地を保育所整備ではなく韓国に貸す都の方針に都民は激怒。都庁前で抗議デモまで起きた。

 このとき舛添氏は会見でトップダウンの決断であることを認め「ソウルで日本人学校を開くときにソウル市が協力してくれた。お互い恩返しでやっていくこと」と正当性を主張。その後、批判が続いても撤回せず。13日の総務委員会集中審議において、自民党都議から質問されると「地元の理解なくして進めることはありません」とトーンダウンしてみせたが、決して撤回はしなかった。

「国内では猛バッシングを受けたが、韓国からすると“いい人”になる。だからこそ永田町かいわいでは『韓国の大学で教授になるんじゃないか』などと再就職先がささやかれているのです」(前出の永田町関係者)

 決して的外れな意見ではない。韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「知名度もあり、韓国からしてみれば、自分たちの都合のいい歴史観を共有し発言してくれる日本人文化人としてぜひとも欲しい人材です。都知事をクビになったということも決してマイナスに作用しません。カネの問題はさておいて、韓国好きを隠そうともしないその姿勢が、右傾化の進む安倍政権下では受け入れられずハメられたと、まるで殉教者のような扱いを受けることでしょう」

 韓国に理解があるとみられた人物が韓国の大学で教授になるケースは過去にもあった。

 今年4月に亡くなった元朝日新聞の若宮啓文氏(享年68)は韓国の東西大学で碩座(せきざ)教授(寄付金などで賄われる教授)になった。その後、名門ソウル大の日本研究所の客員研究員を務めた。その若宮氏は朝日新聞時代、コラムで竹島について「いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する」と書いて国内で批判された。一方、韓国では、自分たちの対日観を代弁してくれる「良心的日本人」として注目された。

 また、同じく元朝日新聞記者で慰安婦報道に携わった植村隆氏(58)も韓国カトリック大学校の招聘教授になると発表されたこともあった。このように日本国内で猛バッシングに遭った人が韓国では逆の評価をされる。

 舛添氏はもともと国際政治学者。政治家として養った国際感覚を韓国が求めてきたら…再起のきっかけになり得るはずだ。


日ごろから韓国寄りの発想の人間であると言う事が暴露されたのです。それを思えば、韓国に行ってしまえと言うのは主観的に言っても納得の行く事なのですが、果たして韓国的にはいかがな物でしょうかと今さらながらに思ってしまいました。確かに、日本の視点からすれば、あいつは韓国寄りだから、日本よりも韓国で暮らした方がいいんじゃないかと言う風にも考えられる訳ですが、肝心の韓国からして、結構修羅場状態で、はなからの韓国人からして、そんな所からトンスラしたいと思っている人間が少なからずいる事を思えば、そんな国に迎合したいと思う意味が理解できません。
ただ、よそを踏み台にして自分だけいい思いをしようと言う発想に立てば、近くの日本人との共生よりも、遠くの韓国に迎合すると言う意味も理解できる訳ですが、そうなってくると、韓国の側だって、敵側の中にあって敵陣営を乱す楊松のような存在でいてくれれば舛添の事をいい奴だと思う事ができるのでしょうが、一旦韓国に来られたならば、そうしたメリットがなくなって、単なる自己中な奴になり下がってしまって、もはやいらない人間となってしまうのではないでしょうか。ともあれ、我が国にとってもいらない奴なのですが。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< いんちきのための努力は惜しみがない韓国 | ホーム | みんな一斉の勤務でないから「助かった」 >>


コメント

なぜか、漢字・漢文文化やら孔子孟子老子のシナ国に大学の先生として招かれる有名人は少ない気がします。北朝鮮からも招かれないらしい。
なぜか韓国。法則性が見えちゃいますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP