プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

別段いくさ礼賛でも当時は異常ではなかったのだが

「とと姉ちゃん」の戦時中の描写がワンパターンだ



「とと姉ちゃん」が戦時中を描いている。
戦時中の家族はひたすら戦争の犠牲者として描かれる。
とと姉ちゃんの会社の同僚がすべて徴兵されて、
戦地で死闘を繰り広げているかもしれないのに、
主人公は「戦意高揚の雑誌は作りたくない」などと言い出す。

この家族は日本が負けてしまっても、戦争さえ終われば
いいのだろうか?
日本の国に勝ってほしいとは思わないのだろうか?
「公的」な感覚がすっぽり抜けて、「私的」な感覚のみに
なっているのが不思議だ。

一方、戦意高揚派の区長や国防婦人たちは、悪意を
持って描かれる。
確かにいちいち風紀まで注意する愛国者はウザいとは思う。
戦時中だからユーモアも自粛しろと言われたら、わしは
反発するかもしれない。
自粛の強制は今も地震のときなどに流行るが、大嫌いだ。

卑小な自我を国家大に肥大させて、他人を売国奴か反日に
認定すれば、自分が上位に立てると勘違いするような馬鹿も
大勢いたのだろう。
自粛や不謹慎を強制するのはそういう現在のネトウヨ的な
体質の連中だ。

だが、一旦、国が戦争を始めたら、あとはもう勝利を
願うしかないのも事実だ。
まさか「我が国負けろ」「外国に占領されろ」「この国は
消滅しちまえ」と思う者などいないだろう。

とと姉ちゃんたちは、国が行っている戦争について、
どう考えているのだろうか?
こういうドラマを見て、シールズ嬢ちゃんは「家に帰れば
お母さんが毎日、ご飯を作ってくれる幸せ」のために、
安保法制反対で―――ちゅと叫ぶんだろう。
奴隷の平和に安住した幼児脳が増えるだけの戦時中の
描き方しかできないものなんだろうか?

戦時中の庶民の描き方は、なんでいつもワンパターン
なのだろうか?
わしが描いたらこんなに単純じゃなくなるのだが。


確かに、嫌な話ですな。反戦平和の発想がまかり通るのも現代だからこそであって、当時としてはいくさ礼賛でなくても、もっといくさに対して前向きであると言う発想がもっと強かったのではないでしょうか。マスコミの中にも、現代だから反戦平和を唱えているのであって、当時は率先していくさ礼賛をしていた者もいたのです。よって当時の視点としては、格別いくさに対して肯定的だとしても決して異常ではありますまい。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ



スポンサーサイト

<< 特亜と言う限定世界の中での話ならば | ホーム | 我が国では却って負担増を招く恐れがある >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP