プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

絶倫ロボに見る男女の性差⑤

「絶倫ロボに見る男女の性差」第5回目です。
女のスケベ欲が、おおむねと言うべきなのか、自分が感じる事中心で成り立っているのに対して、男のスケベ欲と言う物は、必ずしも、同様に自分が感じる事だけで成り立っているとは言えません。男の場合、自分が感じる事と言うのは、究極の所、一物に対する快感が臨界点に達すると、射精と言う、エネルギーを大きく消費する結果へと向かってしまう物でして、これがある以上、もっぱら自分が感じる事だけでスケベを追求すると言うのも考え物と言う事になるのではないでしょうか。
何と言っても、男の場合は女に比べて、頻繁にスケベな事が頭をよぎる事が多い物でして、そのたびに自ら感じる事をもってスケベ欲に突き進むと言うのは体力の消耗に大きく結び付いてしまう物でして、それを別の方向にスケベ欲を振り向けると言うのも、ある種の合理的な発想だと言えるのではないでしょうか。まあ、道徳的な点は度外視するとしても。
男のスケベ欲の最優先視されるべきは見ると言う事に尽きるでしょう。女の場合でも、異性に対して器量よしである事を欲する物ですが、それは恋愛欲の視点から成り立つ物でして、男の場合はスケベ欲の視点から異性に対して器量よしである事を欲する物なのであります。
一旦目を付けた女の器量が良くなければ、その後のスケベ欲はおよそ成り立たないのです。ハリセンボンの漫才の中で、箕輪はるかが痴漢に出くわしたと泣く場面で、相方の近藤春奈が慰めると、箕輪はこの悲しさは痴漢に出くわした事のない者には分からないと、婉曲に、近藤に対して「おまいのようなぶすには縁のない事だ」と揶揄った訳です。
男のスケベ欲の1つとして触ると言う事がある訳ですが、上記の通り、まずは見た目の良い女が狙われると言うのが倣いであります。
さて、ブルセラショップなんて代物が存在しており、そこでは使用済の女の下着などが洗われないままに販売されている訳ですが、その一方で下着泥棒なる物が存在しています。下着泥棒の場合、大抵の場合は洗濯されて干されている状態の所が狙われる物ですが、そうなって来ると、ここでも見た目の方が優先される事が指摘できるのではないでしょうか。ブルセラショップで入手できる下着ならば、匂いが付いているのに対して、下着泥棒の獲物にはそんな物はないのです。でも盗むと言う行為がまかり通る背景は、見ると言う行為が優先視されてればこそなのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ




スポンサーサイト

<< まだ出費に耐えうるだけこちらの方がましだな | ホーム | 住民ですらない奴らに福祉を与えるな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP