FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

返済ありだからで誰でも享受できるようにしたから駄目なんだ

奨学金で借金6百万!「死んでも働いて返せ!」と学生追い込み、返済のため自衛隊入隊

本連載では、4月30日に早稲田大学で行われたシンポジウム「学生と戦争 - 経済徴兵制をぶっ潰せ!」の内容をリポートしてきたが、最後の講演者は、『学生に賃金を』(新評論)の著者で東北芸術工科大学非常勤講師の栗原康氏(専門はアナキズム研究)だ。自身も635万円の借金(奨学金返済額)を抱える栗原氏は、「借りたものは返せない」と言い切る。

 彼の話を聞いていると、奨学金によって社会や大学が“債務奴隷養成工場”になっていることが見えてくる。講演は、極真空手創設者の大山倍達にまで及び、最後は「みなさん、大山倍達のようにゴリラを相手に戦いましょう」と締めくくった。

 以下、栗原氏の講演を紹介する。
「借りたものは返せない!」でいい

 今回のシンポジウムのテーマ「学生と戦争 - 経済徴兵制をぶっ潰せ!」を語るうえで重要なカギとなっている奨学金ですが、私は修士課程・博士課程の5年間奨学金を借りていて、借金の総額は635万円に上りました。

 卒業後は、本当に仕事に恵まれませんでした。普通の就職活動をしたことがないので、当たり前かもしれません。一時期は年収が10万円ということもありましたし、最近はちょっとがんばって働いているので百何十万円になっています。

 奨学金を返すとしたら、毎月3~4万円になりますが、年収10万円で返済が月4万円というのは無理があります。

 ある種、私は開き直っていて、「もう返せない」「借りたものは返せない」というスタンスでいこうと心に決めています。こういう人が増えていけば、人を債務奴隷にしている現在の奨学金のおかしさが少しでも世の中に広まると思います。返さないと決めれば、もらったようなものです。

 本連載では、「戦争と学生」をテーマとした4人の方の講演を紹介し、借金漬けになっている学生、の実態と、奨学金返済のために自衛隊に入ったり、学費のために戦闘地域にいくアメリカ学生の例など、いろいろな問題が指摘されました。このままにしておくと、若者に未来などないのだと、思い知らされます。

 大学の現状について私が思っていることを一言で述べさせてもらうと、「畜生!」と叫びたい気持ちです。歌手の長渕剛さんは『蝉』という曲の中で「チキショウ」と連呼します。大学の現状はあまりにひどいので、「畜生」という言葉が当てはまると思います。


はなから大学進学願望がなかったせいで、自分としてはこうした主張に対しては違和感を持っています。
前にも書いた事ですが、こうした人間にしてみれば、自衛隊なんぞは決して入りたくない存在でして、それでもあえて入隊するとすれば、大学進学のためのやむを得ない選択だと言う風に見なしており、そうした所から出て来た言葉として「経済的徴兵制」と言う事なのですが、そこには大学進学を望まないと言う発想自体がないのです。よしんば自衛隊に行きたくなくても、大学へ行く事を望まなければ自衛隊へ行く必要もないのです。まあ、しかるべき能力がなければ、自衛隊への「やむを得ない」志願もはねられる可能性がない訳ではないのですがねぇ。
自分に言わせれば、大科へは行くべき物、行きたがるべき物と言う馬鹿常識こそ一種の徴兵制ではないかと思っている次第でありますが、この御仁に言わせれば、大学進学のためのコスト軽減とバーターで「徴兵」を推し進める意図があるとお上の事を見なしているようですが、真に徴兵制を推し進めるのならば、そんんな手段はどうもナンセンスのような気がします。そもそも社会に蔓延している上記の馬鹿常識は別段お上が蔓延させた訳ではありますまい。
改めて言えば、こんな唖叛堕羅だに容易に大学進学を目指せるような現状はいかがな物でしょうかと疑問に思う次第であります。昔のような、希少性のある人間に対してならば、無償でそうした物を提供する意味もあるでしょうが、今のような猫も杓子物状態の元で同様の事をすれば、ますます国庫の負担が増大するだけで、そのくせ、それに見合う価値のある人間が出来上がらない。
そんな奴は、よしんば有償だろうと奨学金なんぞはあてがってはいけないのです。始めから、おまいのような唖叛堕羅は却下だと言う風にするべきではないでしょうか。

クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト



<< 高卒止まりの方がおりこうさんなのか | ホーム | 他人をあてにせず、自給自足しかないのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP