プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

奴らの言う差別は高望みがかなえられなかった事に対する逆恨みであるケースが多い

水原希子 天安門中指写真に「いいね!」で謝罪の背景

外国籍の人間が日本で暮らすとはどういうことか。いまだに残る差別や偏見だけでなく、制度の上でも壁がある。

 日本で生まれ育とうとも、彼らには日本に戸籍がなく、参政権もない。子供の義務教育就学通知書も来ない。在留カードの常時携帯義務を課せられ、破れば最悪、本国に強制送還される。役所の書類、銀行口座の開設、全て日本人の数倍の手間がかかる。例えば戦前から日本に住み、特別永住権を持つ在日韓国人でさえ、1960年代後半まで健康保険にも入れなかった。
水原もまた、同じ境遇で生きてきた。韓国人の母、アメリカ人の父。日本に住みながら、帰属する場所がない。水原は思春期になると「アイデンティティーの壁」にぶつかった。 自分は一体何者なのか――救ったのは母の教えだった。水原は6月、『AERA』のインタビューでいじめに泣いた過去を振り返り、こう語っている。(一部のみ引用)


思うに少なからずの外国人は我が国に対して身勝手な期待をしてはいないでしょうか。思い付いた事は何でもかなえられる「夢の国」だと。要するに、度外れたエゴなのですよねぇ。そうしたエゴがかなえられた時に限ってしれっと日本はいい国だとほめそやす一方で、逆にそうしたエゴがかなえられなかった時になると、安易に差別を口にしての逆恨みの途に出ているのではないでしょうか。
ちなみに当ブログでかつて「こいつらにあこがれを期待するのか?」と言うタイトルで書いた事がありましたが、そのきっかけとなったのが、町田市において防犯のためのブザーを朝鮮学校生徒に配らなかった事で、連中に対して甘い意識を持っている馬鹿(准)教授がしゃしゃり出て来た話からの物です。
こんなありさまでは、いくらでも我が国に対して高望みをして、それがかなえられなかったならば、それを差別だと逆恨みするケースがいろんな所で頻発するでしょうし、あまつさえ、そうした外国人に迎合する馬鹿どもも出て来るのです。

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ







スポンサーサイト

<< そもそも教師は学校の、何でも屋じゃない | ホーム | かように自ら嘘いつわりが多い事を認めた以上は >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP