プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

こうして中国の文化遺産は真なる廃墟へと突き進んで行く

「万里の長城」3割消失、住民がれんが盗み転売も=当局が取り締まり強化へ―海外メディア

2016年7月30日、参考消息網によると、米誌タイム(電子版)は、英紙ガーディアンの報道を引用し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている中国の「万里の長城」で、周辺住民らが長城かられんがを盗み出し、家を建てるために流用したり、30元(約460円)で転売したりなどしていることを受け、国家文物局が取り締まりを強化すると伝えた。

万里の長城では、明王朝時代に建設された部分の約3割が、風化や人為的な破壊により消失したと伝えられている。

中国長城学会の董耀会(ドン・ヤオフイ)副会長は「長城の環境を破壊しているのは、100万人規模の観光客だけではない。周辺に暮らす村民がれんがを盗み出している」と指摘した上で、「破損規模はまだ大きくない。だが全てを合わせれば状況は深刻だ。資金を修復に費やすのが精いっぱいで、保護にまで回せない」と話している。(翻訳・編集/柳川)

万里の長城は、外部の敵を防ぐために造られたはずなのに、こうなって来ると、敵は城の外ではなく内側にあると言うべきでしょう。地元の人間だに、かようにレンガを盗んで自宅の普請に費やす。その話って、10年前にもあったなぁ。当時はもっぱら新聞からの引用で「週刊アジア」なる物を書いていた物ですが、その中の第6号で紹介しました。
中国の場合は、こんな形で、文化遺産も次第に廃墟になってしまうのでしょうかねぇ。ヨーロッパだったら、廃墟でもれっきとした文化遺産となり得るのですが、中国の場合は、そうもいかないでしょう。モノホンの廃墟として崩れて行くのです。

クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 利益認識の乖離264 | ホーム | よそから一方的に利益を運んでくれるだけなら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP