プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

クレジットポイント争奪戦②

「クレジットポイント争奪戦」第2回目です。
今の感覚でならば、1枚でも十分と言っても良いと言えるのですが、昔は今ほど汎用性があったとは言えませんでした。最初に持ったカードがクレディセゾンでした。これは西武百貨店で使用が可能だったのですが、マルエツでは最初使用ができませんでした。と言うか、マルエツ自体がクレジット使用可能になったのが若干後れを取ったと言うべきでしょうか。マルエツでいろんなクレジットカードが使用できると言う状態になってしまえば、ある意味では十分だったと言えたのですが、貸しビデオ屋の1つであるツタヤで別個にクレジットカードを持つ事が、枚数増加の始まりとなりました。
最初、ツタヤとの提携をしていたのがジャックスでしたが、後にアプラスになってしまい、この結果、都合3枚を所有する事となりました。
さて、今ではアプラスの使用によって生じたクレジットポイントはTポイントでして、いろんな提携会社において電子マネーとして使用できると言う、使い勝手の良い物でして、有効期限もなしと言う事で今ではこれがメインとなっております。一方、ジャックスではラブリィポイントと言うのがたまり、よそのいろんなポイントとの交換が可能となっています。もっとも、「手数料」がかかると言う事もありまして、実際、先に述べたTポイントへの交換ではラブリィポイント1000に対してTポイント900の交換レートとなっており、100ポイントの「手数料」が差し引かれる事になっているので、この場合、Tポイントの獲得の手段としてはアプラスに限ると言う事に他なりません。ジャックスの利用はよその、「手数料」がかからないで済むポイントの入手のために利用すべしと言う事になるのですが、自分の場合は、Tポイント以外に関しては、余り使い道がない物でして、そうなって来ると、アプラスでクレジット枠に余裕がない場合の特殊な消費に限られると言う事になってしまいます。
さて、ヨドバシカメラでは、ヨドバシゴールドポイントカードなる物が発行されていて、これを以て買い物をすると、現金あるいはよそのクレジットカードでの支払いでも8パーセントのポイントが付きます。そこでヨドバシカメラは、そこから上を行く、クレジットカードの発行も行っており、その場合のポイントは10パーセントつく訳でして、よそのクレジットカードで購入するよりもお得だと言う風に一見思い付く訳ですが、大局的な視点から言うならば、決してそうとも言えません。何しろもそのポイントはヨドバシだけでしか使えないからです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>

クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム



韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気サイトランキングへ











スポンサーサイト

<< 帝までウリナラ起源したがるからな | ホーム | 愛国度外視で利益に突き進むのが韓国の倣いだから >>


コメント

>何しろもそのポイントはヨドバシだけでしか使えないからです。

はい、カードの宿命なのか、「どこでも使える」のと「他のカードとの差別化」のどちらに重点を置くかで、あっち行ったりこっち行ったりですね。
まるで、女子のスカートの裾が長くなったり短くなったりの繰り返しのよう。(冗談です)

現金強盗事件の報道のあとに、カード会社のCMとかあると、思わず裏読みしたくなることもありました。
ゴールドカードとか色分けしたり、ほんとうのセレブのステータスはあめっくすなのだ、とか鼻につく流れもあります。
しかし、多くのお店で幅広く使えないと、カード市場は広がらない。
どこでも使えるポイントをつけると、現金と同じみたいになって、法的に問題ありそうだし。景品法とかクリアしてんのかな。
カード会社も(強盗の少ない日本では)ジレンマでしょうねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP