プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

子供にとって日本はヤッターキングダムか⑭

「子供にとって日本はヤッターキングダムか」第14回目です。
今回は、「国際結婚における最大の問題点」でも引用した事のある、移住女性が直面する複合的な課題 -地域における支援とネットワーク活動の現場から-の中から取り上げたいと思います。
この中で、子供が学校でいじめにあっていると言う事が指摘されている訳ですが、これなんかも、外国人が完全無謬の被害者の側に立っていると言う感覚で記事にしているようでしてあまり感心する事ではありません。
いじめがあると言う話自体、我が国を悪しく吹聴しようとする連中による誇張である可能性があるし、よしんばそうした事は度外視するにしても、そういう話があるのであれば、そうした所へ子供を送り込む側としてももっと慎重に事に臨むべきではなかったのではないでしょうか。初めからそうした事が外国人の親にとって理解させると言う事は無理難題かも知れないでしょうが、少なくとも、よそ者の集まりの中に我が子を送り込むと言う事には変わりなく、やはり親としてはその点に関して慎重になってしかるべきではなかったでしょうか。
すでに指摘したように、子供に対してあらかじめ日本の公立学校での就学に耐えうるだけの能力を身に着けさせる事なく、ぶっつけ本番で、我が子を公立学校にぶち込む行為がある以上、決して外国人は完全無謬の被害者だとは言えず、トラブルを持ち込んだ加害者でもあると言えましょう。
まあ、子供自身は被害者と言えるかも知れませんが、その被害者と言うのはもっぱら外国人の子供だけではなく、そんな外国人に付き合わされるクラスメートも教師も被害者と言うのに値するのです。
ある意味では、外国人生徒に対するいじめも正当化されるべきかも知れません。何しろ、親が何もしないで、自身が負うべき役目をもっぱら学校の、よその生徒や教師に押し付けるのですから、それらの親の行為は日本に対する一種の敵対行為であり、そうした外敵を排除するため、あるいは親の悪行に対する報復として子供に対するいじめがあると言うべきではないでしょうか。
愚かなる外国人親が、自身のそうした悪行を改める事がなく、もっぱらよそ任せにしている間は、そうしたいじめが決してなくなることはないでしょう。自身の子供の事だに面倒がるのであれば、赤の他人にとってはなおのこと面倒な事なのです。そんな面倒ごとを押し付ける外国人を敵視した所で、何が悪いのでしょうか。来日する外国人の方でもっと熟慮すべきです。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 中には手前でやった物まで他人のせいにしてやっていないか | ホーム | 我が国で運転しなければ勝手に汁 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP