プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ねたみの心理④

「ねたみの心理」第4回目です。
所詮は限られたポストとなれば、それに不釣り合いに多くの人間に出世を欲しがらさせると言うのは考え物です。おととしには「利益認識の乖離」の中で、すき家の話を取り上げた事があった物ですが、そこでは安易に多くの従業員に対して幹部を目指させたがるようにあおっていたのです。これなんかは、単に出世を欲しがらさせるよりも始末が悪い話です。ますます狭き門だと言うのに、それをあえて万人に欲しがらさせてしまっては、必然的にほとんどの人間がそこから漏れると言う事に他なりません。
元から出世願望がないでいてくれれば、自分自身が出世の機会からはじかれようとも、他人が出世するような事態を目の当たりにしようとも、知った事ではないとしれっとできた物を、出世を欲しがらさせる事で、かえってねたみを持つような事態になってしまう物です。その人間にとっては本来はそんな物を持たなくて良かったはずです。あるいは、前回も述べたように、万人出世したがる物だと言う馬鹿常識に帳尻を合わせるべく、出世から漏れたら、今度はねたみを持つ物だと言う、これもまた新たな馬鹿常識でして、それによって強いられたねたみとなっているのてはないでしょうか。
かように、いたずらに出世したがる物だと言う事をあおる事は、不毛な物でしかなく、少なくとも適正な度合いにまで、そうした風潮は抑えてしかるべきでしょう。それにもかかわらず、どうして現実には、往々にして不必要にまで出世をあおる事が存在しているのでしょうかと言う疑問にぶち当たります。
かつて引用した事のある「大企業の方が子育てしながら働きやすい」は間違い!? 「企業子宝率」による分析結果は…と言う記事の中で、育休を取得しようとしても、上司から「出世が遅れてもいいのか」と言われて、婉曲に反対される場合もある事が指摘されていました。
この場合、その上司にとって、育休を欲した部下に対して本気で出世してもらいたいと望んでいたのでしょうか。そこでは表面上では、出世のためなら、育休取得は慎む物だと言う事なのでしょうが、その実態は、部下に育休を取られると、その分にしわ寄せがよそに、とりわけ上司たる自分にのしかかってくるのが嫌だからそのような発言に至ったのではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 韓国がやらねば誰がやる | ホーム | 反対できる今が花か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP