プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

反対できる今が花か

中国「開戦時の最初の攻撃対象は日本の尖閣諸島防衛ミサイル」

日本が尖閣諸島(中国名:魚釣島)を防衛するために新型ミサイル開発に乗り出すと中国官営メディアがこれに反発した。

中国の環球時報は15日の社説で、日本の新型地対艦ミサイルが配備される宮古島は必ず中国の戦略的照準対象になるべきであり、この島の軍事基地は開戦時に最初に抜き取るべき「クギ」でなければならないと主張した。

また「宮古島のミサイル配備は、釣魚島海域のすべての中国船舶を威嚇するのに充分だ」として「これは一寸のためらいもない中国への威嚇行為」と主張した。

日本の読売新聞によれば、日本は2023年に宮古島などに射程距離300キロの地対艦ミサイルを配備すると発表された。尖閣諸島付近の海域で中国が活動するのを抑制するためだ。



往々にして、左巻きが、軍事施設があると、ターゲットになるから却って危険になると主張しています。そうした連中にとっては、こうした中国の主張に対して、それ見た事か、やっぱりターゲットになるじゃないかと言う風に、我が意を得た思いでいる事でしょう。
しかし、よしんばターゲットにならないからと言って、まったく安全なるはずなどないでしょう。中国からすれば、しかるべき場所を手にする事こそ第一義なのでして、その目的に不都合だからこそ、軍事施設を叩く事もありうるというのです。別段軍事施設を叩く事自体が目的ではないのです。
いざ自分らの居住地が敵手に落ちたならば、敵側の都合で新たに軍事施設ができ上がることでしょう。その時になったら、どのような反応をするでしょうか。軍事施設があれば、ターゲットになるのです。しかし、その時にはもはや反対などできません。よしんば反対などしようものならば、たちどころにサボタージュとして始末される事もあるてしょう。
軍事施設反対のデモができる今が花と言う物です。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< ねたみの心理④ | ホーム | ここでも好きと得意は別問題だと言う事だ >>


コメント

ほんと左巻きはバカなのか工作なのか外患ですね。
シナなんかが、軍事的優位になれば、ネットではすでに知名度のある通州事件はおろか、尼港事件など多くの陰惨な事例があります。
サヨクはほんと役立たず。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP