プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

やたらと高望みをさせるからいらざる貧困をもたらしたのではないか

奨学金破産の衝撃Ⅱ ~“中退続出”の危機~

アルバイトをして、奨学金を借りても学費が払えない――。大学を中退する人は年間およそ8万人。そのうち5人に1人が「お金がない」ことが原因だと回答。中退後、安定した就職先に就けず、奨学金の返済ができなくなる「中退難民」が相次いでいる。背景のひとつが「晩婚化」だ。高齢者となった親が年金だけで学費を支払いきれず、子どもが自力でアルバイトや奨学金で学費を捻出しなければならないケースが続出。さらに熟年離婚やリストラなどのリスクも重なり、「お金がなくて学べない」学生が増えているのだ。番組では、中退難民が相次ぐ実態と対策に乗り出す大学側の動きなどをルポし、中退難民を防ぐには何が必要か、考える。


そもそも、万人大学進学ありきでものを考えて、それ以外のチョイスと言う物を提示しようとしないのが問題です。昔のように希少性がある時代ならば、大卒と言うだけでも大いに価値があったのでしょうが、今の場合は、単に大卒と言うだけでは駄目になってきていると言う事ではないでしょうか。希少性がなくなった以上は、大卒の中でも必然的に格差と言う物が存在する必要が生じているのです。
大卒が昔に比べて多くなっても、大卒を必要とする雇用までもがそれに合わせて多くなるわけでもないのです。大卒自体が多くなれば、必然的にそうした雇用から漏れる人間が出てくるのは必然でしょう。大学進学を目指すのであれば、その中での希少性を誇示できる学力を持たなくてはならないのであって、ただ大卒だけでは駄目だと言う事です。
そんな物の道理もわきまえずに、ただひたすらに大学進学だけを求め、あるいはあおった結果が、本来ならば貧困に至らずに済んだはずなのに、そうした結果を増やしているのではないでしょうか。自分の能力度外視して、高望みをして、高い出費を必要とする事を目させば、そうなる可能性が高くなるのは必然だと言う事です。そうした事さえ望まなければ、却って貧困と言う事から逃れられたと思うのですがねぇ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 復讐を阻む者は我にあり | ホーム | 手足切断してまで大金が欲しい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP