プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アニソン考察集21

「アニソン考察集」第21回目です。
タイムボカンシリーズの特徴の1つとしては、三悪筆頭の「露出場面」が多い事にあります。そのために「ルパン三世」と比較した場合、ベッドシーンがない事を除けば、スケベな場面が多く、子供に対して成人ポルノを見せているのかと揶揄れる内容となっています。まあ、絵が単純だから、こんな物でまじめにスケベを追求する事など馬鹿げている訳でして、そう言う人間は今どきの大人向けのアニメーションでも見ていろと言う事に他なりませんがね。
そうした露出場面は大抵の場合は、三悪にとっての負けいくさの時の倣いの爆発の時に服が裂けてしまう事によって生じます。そうした露出場面の多さが、主題歌に並行して流される映像にも反映して来る物でして、「ルパン三世」パート2においては、不二子が寝間着も着ないで布団にくるまっていた状態で、ルパン三世の夜討ちに出くわして、それに対してボクシンググローブをばねで飛ばして、返り討ちにすると言う場面がありました。「ルパン三世」ではこれだけなのにたいして、タイムボカンシリーズの場合は、
「ヤッターマン」において、「天才ドロンボー」、「ドロンボーのシラーケッ」において、ドロンジョが西洋風呂に入っている場面と、爆発において服が裂けて、胸を覆わなくてはならないと言う場面がありました。ついで「ヤッターキング」では、服からすっぽ抜けたドロンジョが胸を押さえた状態で岩に突っ込んでしまう場面がありました。
「ゼンダマン」のオープニング「ゼンダマンの歌」ではムージョの服が完全に裂けてしまって、飼い猫であるニャラボルタが肝心な所に覆いかぶさる事で、外部に見える状態になる事をかろうじて阻止していました。
エンディングの「これまたアクダマン」では、ショーツだけを着用していたムージョは後姿を披露していた場面とシャワーを使用している状態のシルエットが流されていました。
さらに「逆転イッパツマン」のオープニングでは初期の映像において、逆転王が振り下ろす斧でムンムンの服が切り裂かれて、その結果胸が露出してしまう状態になってしまい、それに対するムンムンのリアクションとして「いやぁん」と言う声まで付くと言う極め付けが存在していました。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 結局中国に対しても恩知らずなのだろうか | ホーム | 韓国からののしられるならOKだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP