プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

世界の主要国と言う事を除けば、その通りだが

【社説】所得二極化、世界最速を誇る韓国

韓国国会立法調査処が国際機関の資料を分析した結果、韓国の上位10%への所得集中度は44.9%(2012年基準)で、世界の主要国の中で米国(47.8%)に次いで高いことが分かった。アジア通貨危機前の1995年には韓国の上位10%への所得集中度は29.2%で、平均的なレベルだった。しかしその後、急激に所得集中度が上昇し、2000年に35.8%、08年に43.4%、そして今回44.9%にまで達したのだ。この期間(1995-2012年)の所得集中度の上昇幅(15.7ポイント)は調査対象国の中で最も大きかった。1990年代後半のアジア通貨危機、2000年代後半の世界金融危機を経て、韓国の経済成長の果実は大部分が上位10%層の手に渡ってしまったというわけだ。相対的貧困率、ジニ係数(所得分配の不平等さを測る指数)、低賃金労働者の割合など、不平等を表す指標はいずれも警告信号を発している。

 所得の二極化は、世界化や技術の進歩、産業構造改編の過程でほとんどの経済協力開発機構(OECD)加盟国が経験する避けられない現象といえる。しかし、韓国だけ二極化の進行スピードが速いのであれば、システムに何らかの深刻な問題があると考えなければならない。世界化の流れに適応することばかり優先し、社会のあちこちに影を落とす問題について十分な分析ができていないのが事実だ。この期間に非正規職の労働者と老後の備えの不十分な高齢者の人口が集中的に増えたのも、こうした所得二極化の原因でありその結果だといえる。

 少子化、若者の失業、労使トラブルなど、現在われわれが直面している多くの問題の根底には所得の二極化がある、という事実を否定することはできない。このままでは、持続可能な経済成長と社会統合も壁に突き当たるのは明白だ。この副作用はいつ、どのような形で噴き出すのだろうか。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


それ自体は十分やばい事でしょうけど、それでも見栄を張らなくては気が済まないのがこの連中の倣いと言う事ですな。ここでは世界の主要国としてアメリカを上げていますが、それに続いて自国を上げています。
「破裏拳ポリマー」では、へぼ探偵の車錠が「人呼んで二代目シャーロック・ホームズ」などと言っていましたが、誰も彼の事をそのようには認めてはいませんでした。自分で言わなきゃ誰が言うと言うありさまでして、韓国もまたそんな類なのです。自分で「世界の主要国」と言わなければ、誰れも言ってはくれないのです。
南米のブラジル当たりならば、世界の主要国と言うのに値するでしょうが、韓国の場合は、ああいう国と引き合いに出した方がまだつじつまが合うと言う物です。

ファビョ━━━━<# `д´>━━━━ン!!

<# `д´>無礼ニダ。ウリをあんな辺境の国と一緒にするとはけしからんニダ。

(゚⊇゚;)(#゚ 皿゚)(#`ε´#)(#`Д´)(# ゚Д゚)(´U`)(・ω・)( ゚◇゚)(ΦДΦ)( ゚0゚)
おまいらこそ、辺境の国だろ。

ε=ε=ε=ヽ<丶`Д´>ノ アイーゴ。そんな馬鹿なニダ。


クリックお願いします。<(_ _)> 


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 大学行っても能なしは能なし | ホーム | 結局中国に対しても恩知らずなのだろうか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP