プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いにしえから帝はそう言う立場にあるのだが

【コラム】明仁天皇と安倍首相

1868年の明治維新まで、日本人たちは天皇を、それほど尊敬してはいなかった。日本人たちが天皇をあがめるようになったのは、明治政府が権力を維持するために講じた政策のためだった。明治維新の主役たちは下級武士だったため、藩主や自分たちよりも身分の高い武士たちを抑え、政府の権威を高める象徴が必要だった。明治天皇は1867年に即位した当時、満14歳の少年だったが、明治維新の主役たちは、自分たちですら崇拝していなかった幼い天皇を「現人神」として祭り上げ、国家を支配するための道具として利用した。「天皇は神の国である日本を統治する現人神だ。日本人は神の子孫だ。天皇のためには喜んで死ねるようでなければならない」という論理が成立した。

 日本人たちは明治時代末期から大正、昭和と時代が移る中、「天皇制」がつくり出した民族的ナルシシズムに陶酔していった。当時の日本の実質的な支配者は軍部と財閥だった。軍部は天皇の手足となって働く「忠臣」を自任し、天皇の権威をかさに着て国民の上に君臨した。財閥はそんな軍部と手を結び、力を付けていった。雁屋哲氏は『マンガ 日本人と天皇』で「天皇を敬っていないかのように思われる話をすることは、原則的に禁止された。近代の天皇制はこのような恐怖によって維持された」と批判した。軍部と財閥は、天皇の権威を前面に押し出し、国民を支配し、戦争に突き進んでいった。

 象徴としての天皇の存在は、戦後に制定された日本国憲法の第1条にも「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」という条文として盛り込まれた。安倍晋三首相など日本の保守派たちは、憲法を改正して「象徴天皇制」をより強化することを目指している。「国家の象徴」を「国家元首」に変更し、天皇を国家元首と定めていた明治憲法下の体制に近い形にしようというわけだ。かつての軍部がそうだったように、これは天皇の権威を絶対的なものにし、国民を支配しようという意図に基づいている。
安倍首相の望みどおりになれば、天皇は何も言えず、ただ存在するだけということになる。最近、明仁天皇は象徴としての役割を終えたいと爆弾発言を行った(原文ママ)。安倍首相の表情は固まり、右派は天皇が自ら声を上げたことに当惑した。日本社会の一部では、この出来事について、天皇が憲法改正に「ノー」を突き付けたものだという見方も出ている。

 憲法改正にどちらかといえば賛成の日本経済新聞は、先月9-11日に実施した世論調査の結果、安倍内閣の支持率が前回の調査に比べ4ポイント高い62%に達し、2年ぶりに60%台まで上昇した、と最近報じた。安倍首相は2020年の東京五輪まで首相を務めることを望むかという質問に対しても、59%が「望む」と回答した。このような安倍首相に対する支持傾向は、安倍首相の国政運営の方向について白紙委任状を渡したものではないだろう。天皇も委任状を渡してはいない。明仁天皇が退位を望む意向を示したことは、平和憲法が改正された後に起こり得る歴史の逆行に賛同しないという意思を示したものだとも考えられるからだ。

崔元碩(チェ・ウォンソク)国際部次長
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


現代的な普通教育のない時代の話ならば、一般民衆にとっては帝の存在はポピュラーな存在ではなく、そう言う視点からすれば、彼らの言い分もあながち的外れとは言えないのですが、武士にとってはそれなりの教育と言う物がある以上、必ずしもそうとは言えない所があります。
雁屋哲氏はあれな人間だそうですからね。我が国の君主制がもっぱら恐怖によって成り立ったと言う風に思いたいようですな。どうもこうした所にも、左巻きと韓国とは発想に親和性が強いと言う事が指摘できる所であります。

>天皇も委任状を渡してはいない
何を言っているのか。我が国の場合は、はるかいにしえから白紙委任状態のような物でして、別段韓国の思惑通りの場合に限って、それに反する事が可能になっているのではないのです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 奴らには奴らの世界がある・中 | ホーム | 移民に対する諸所の権利制約は当然だ >>


コメント

ちょそん日報の人は、自国の心配をしてればいいんです。権威と権力の違いを考える歴史のないお国の人は視点が狭いですな。「支配者」しか知らないわけです。それが日常にも染み着いているし、親の子への接し方にも知らぬ間に滲むはずです。

王朝しか知らない国の教育は、意識せずとも権威と権力が王様の一身に集中している感覚しかないのですな。
そんなんで日本を論評しないでほしいものです。というより、結論ありきのこじつけになるんです。

近代政治経済軍事を背景に、白人優越で有色人種を人間扱いする感覚のなかった列強国が迫ってきていて、国としてまとまる正義を持つには軍神天皇が日本人には欠かせなかったと思います。
実際、日本帝国にとって、韓国朝鮮はカネのかかるお荷物でしかありませんでしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP