プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

反日こそ、彼ら自身に対する災難を助長する物だ

【新・悪韓論】「日帝が植えた木」も「日本原産の木」も切り倒せと盛り上がる韓国 「日帝の乱伐」は“捏造”を裏付ける格好に… (1/2ページ)

朝鮮半島の山は禿山(はげやま)ばかりだ、と思っている日本人は少なくない。ソウルだけ見ていると、そう思い込むかもしれないが、地方に行けば森林の密度は低くても、樹木に覆われた山はいくらでもある。日本統治時代に、日本人が中心となって熱心に植林をした結果だ。

 ところが、韓国ではいま、「日帝が植えた木だから伐採しろ」だけではなく、「日本原産の樹種だから、引っこ抜いて別の木に植え替えよう」といった動きがあちこちで出てきている。

 「半島に禿山が多いのは日帝の乱伐による」とは、韓国人と日本の日教組の“常識”だが、二重の誤認がある。韓国の森林面積率は63・5%(日本は68・2%)であり、中国の21・2%とは比べものにならないほど高い。

 韓国の国立山林科学院は2009年、朝鮮総督府が1910年に作成した『朝鮮林野分布図』を分析した結果、(1)当時の森林面積は71%(筆者注=北部の森林面積率が圧倒的に高いため)(2)しかし、林木蓄積量は1ヘクタール当たり17立方メートルで、現在の韓国の同103立方メートルの16・5%水準に過ぎなかった-と報告している(聯合ニュース韓国語サイト、09年9月10日)。

 1910年とは、日本統治が始まった年だ。その時点で、半島は地目(ちもく)としての森林面積の比率は高くても、その森林地域はすでに透け透けの状態だった。そのため災害が多発する。だから朝鮮総督府は植林に熱心に取り組んだ。「日帝の乱伐」とは“捏造加嘘”の極みなのだ。

 総督府が植えた樹種の1つが、日本原産のカラマツだった。朝鮮半島に気候が似た北海道でもよく育ったからだ。

 朴正煕(パク・チョンヒ)政権下の緑化推進事業で、江原道(カンウォンド)・太白(テベク)山の進入路一帯と傾斜地にカラマツが植えられたのも、日本時代の経験があり、かつ苗木の調達が容易だったからだろう。


韓国が頑固なまでに愚かだと言いえる事として、こうした森林認識のなさにあると言う事がその1つであります。日本の統治は万事悪行だと言う前提で物を考えた結果が、森林乱伐と言う、言いがかりであります。海賊船の襲撃でもあるまいに、価値ある物を奪ってとっととずらかると言う訳ではなく、半島に35年も鎮座した以上は、災害などあってほしくない物でして、そのためには、森林乱伐なんぞはもっての他でしかありません。
だが、彼らには、森林はひたすら薪や材木としての使い道しか頭にないようでして、当然治水なんぞと言う概念が成り立つはずもなく、いまだになんかしらの災害が生じれば、日本に比べて大きなダメージを食らうのは、いまだそうした事に関する知識が根付かない愚かさを具現した必然なのです。
一方で、何か自国で不都合な事態が起こるたびに「日本に学べ」と言う発言が生じますが、こんな有様では、決してそれがまともに進行する事はないでしょう。少なくとも反日が存在するだけでも、そうした事がどこかで妨害される事は大かれ小かれ生じる事もまた必然だからです。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< うざったいあいつら・追加2 | ホーム | 依然ゴキブリは害虫認識が強い >>


コメント

いまさら認識誤認とか、なにを言っているのやらですね。
日帝によってはげ山にされた。かってに植林していた。日本産を引っこ抜け。実は日本はせっせと植林してくれていた。
なんで、復光から何十年も経ってから、こんな認識不足が出てくるのか。そこに文化の根っこの間違いが地下に隠れているんだね。
「根も葉もないウソ」が「根も葉もあるむにゃむにゃ」に変わった程度のもの。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP