プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ねたみの心理⑦

「ねたみの心理」第7回目です。
既に述べたように、出世ができるだけの余地は限られていますから、そうした余地からかけ離れた事などお構いなしに万人にそうした物を推し勧めないべきであります。あらかじめそうした希望者は制限しておいた方が良いと言うのです。そうでなければ、もともと希望していなかったのにもかかわらず、そうした物を欲しがらさせられる事で、いらざる負担をさせられてしまい、そもそも余計に多くの人間を出世競争に駆り立てた事で、競争のグレードを吊り上げてしまう事で、いろんな所から不満を生じさせることになるのではないでしょうか。
初めからそうした物から、蚊帳の外でいられれば、誰が出世しようとねたみの対象としないで済んだ物を、そうした物に自分を巻き込んだ事で、そうした自分もねたみを抱くようになる。あるいはねたみを抱くことを強いられるようになる。そして、別の所では、もともとそうした物に対して前向きであったはずの人間の中の誰かが、競争のグレートが吊り上がった事で出世に対して嫌気をさしてしまってやる気を失うなんて事だってあるでしょう。
そもそもどうして、余計な人間にまで出世をさせたがるのか。どうせあぶれる人間が出てくるのだから、後腐れないように、あらかじめ制限をかけておけば、いらざるねたみを抱く人間だって制約できるでしょう。
競争の原理によって、お互いが切磋琢磨してなんてのは、レベルの高い人間の中での競争に限った事であって、もっともそう言う人間の中の競争だって、結構汚い事がひそかに行われることが十分あり得ると思いますが、レベルの低い人間を多く抱え込んだ状態での競争ともなると、自分自身を高めるための努力よりも、ひたすら他人の足を引っぱる方向でのみ競争意識が向いてしまう可能性が高い物なのです。
それでも、あえてそうした余計物だに出世競争に駆り立てようと、万人に出世はするべき物、したがるべき物としてあおる傾向が大きいのはなぜなのでしょうか。考えようによれば、出世できない人間、あるいは出世を望まない人間にもまたねたみの矛先が向いていると言う事ではないでしょうか。

長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< いずれにしても慰安婦問題は韓国の国内問題である | ホーム | 依然我が国に対しては甘い考えだな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP