FC2ブログ

プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

闘犬被害で口輪規制

8月24日の記事からです。元になる記事の内容はちょっと古いものとなりますが、これからもこんな感じですのでどうかヨロシク。 <(_ _)> 


スイスでは、昨年より、犬にかまれて、子供が死傷すると言う事件が続いています。このために、飼い犬規制として、ジュネーブ州では犬に口輪を着用させる義務が決定しました。また、別の州では、危険犬種と認定された犬の飼育禁止や飼い主に対する講習義務を決定したところも出ました。


これまでスイスでは飼い犬に対して寛容なせいか、バスの中、レストランの中へ入れてもお構いなし。しかも、公園での散歩のおりに首ひもをはずしている人が多かったようです。


 工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工


小さな犬ならいざしらず、犬の中にはもっと大きな犬もいるんでしょ。現に上記の事件を起こした下手人の犬は「ピットブル」と言う闘犬でいわゆる危険物扱いでした。 にもかかわらず、愛犬家の中にはこうした規制を「犬がすべて危険物じゃないのに偏見だ」とか「口輪をつけると、ストレスが高まっていっそう攻撃的になる」と反発をしています。


馬鹿野郎! そんな危険物を何にもしないで、野に放つようにしておくなんて正気かい! 犬のストレスだなんて、己の犬のことしか頭にないのかよ! 周りの迷惑に対して一顧だにしない身勝手な奴に犬を飼う資格などない。遠くの他人事ながら、飼い主でない者の立場から言えば、猛犬にびびって外を歩かなくてはならない義務はありません。早々に闘犬猛犬に対する厳重な規制を望みます。 ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!


闘犬・猛犬に対する規制を望む方、クリックしてください。<(_ _)>


にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト



テーマ : 海外ニュース - ジャンル : ニュース

<< 愛・あい・アイ | ホーム | 馬鹿と門 >>


コメント

信じられない意見ですね。

>犬がすべて危険物じゃないのに偏見だ
>口輪をつけると、ストレスが高まっていっそう攻撃的になる

・・・
バカ?
絶句です。

厳重な規制に大賛成です!
と言うか、当然ですよね。

スゲーな

暴れ馬みたいなもんでしょ。
なんでそんなん放し飼いにしてんだか・・・
サヨサヨを放し飼いにしてる日本みたいなもんか。
そーか。
納得。

訪問者の方々へ

この件につきましては、意外な事に、事件に発展するのはまれだったようです。2000年に、犬にほえられて驚いた女性が川に転落して溺死したくらいで、ここで取り上げた事件は衝撃的だったとのことで、起こるべくして起こった事件だ、と言う認識にはいたっていないようです。

咬まれた!

私のウチのわんこ(ヨークシャー・テリア)は、雨の日だったので紐をつけず、抱いて移動して、トイレの時だけ降ろすようにしていたのですが、さりげなく近寄ってきた中型犬(雑種)に突然咬まれました。
人に危害を加えなくても、他のわんこに危害を加える事があるので、放し飼いは絶対にやめましょう!

放し飼いは家の中だけに

してほしいですね。

大きな犬は躾がきちんとしてるからなんて
事を言うアホな人もおりますが、
大きな犬ほど暴れ出したら手が付けられないでよ。
小さな犬でも噛まれたら痛いのに、
大きな犬が子供に噛みついたりしたら大変な
ことになるのは分かってるじゃないですか。
とんでもないですね、スイスも。

訪問者の方々へ②

阿麗さんへ
たまに、すれ違った犬同士で吼えあうなんて場面を見ることがあります。飼い主が手綱を握っていましたから、やかましいだけですみましたが、それがなかったら、いくさになっていたかもしれません。

勉強中の整体師さんへ
飼い主にとっては、犬は自身にとって忠実だと言う思い込みが往々にしてあるものです。それだけに、一方では犬の排他的態度には注意してほしいものです。

あるある。こういう事件

で、たいていピットブルなんですよ。
あたしゃいぬっころが大好きですが、
ピットブルにだけはお近づきになりたくありません。
公共の乗り物のなかでは、なんでしたっけ、
ばくち打ちのサイコロのイレモノみたいなやつ(?)をつけるのが義務付けられていますが、そのへん歩いているのはほんとにコワイ。
きのうは秋田犬をみてなごみましたわ~。

ぴちょさんへ

昔、わたしの実家ではコリー犬を飼っていました(わたしは今も昔も犬と言えば、やかましいし、往々にして落ち着きのない態度をとるのが嫌いですが)。
ある日、わたしが外出するときに、それに興奮して引き戸に体当たりして(よくやりました)、このときはガラスを壊して怪我をしてしまいました。
中ぐらいの犬ですらこの有様なら、もっと大きな犬だったらどうするんだい。改めて思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP