プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アニソン考察集23

「アニソン考察集」第23回目です。
タイムボカンシリーズは最初の6作までは軒並み視聴率が20パーセント以上の高率を有していたのに対して、7作目の「イタダキマン」と8作目の「怪盗きらめきマン」の視聴率が相当に低かったことから、Huluでの配信がなく、自分自身としても本編上での事に関しては詳しく知る事が出来ず、このシリーズに関しては「逆転イッパツマン」までに限って取り上げると言う事が基本の方針とせざるを得ません。
このシリーズの大きな特徴と言える悪党に対する注目の高さを反映したエンディングは事実上第4作目の「オタスケマン」で打ち切りとなりました。第5作目以降においても、あいも変わらず悪党たちがいろんな格好をして映像の上では登場する物の、もはや歌の上では彼ら悪党をテーマとする内容とはなっていませんでした。
「逆転イッパツマン」の次の年には「イタダキマン」が放送されました。これまでの6作では、主人公役のキャストはせいぜい挿入歌の歌い手としてしか登場がなかったのが、この作品にして初めて主人公役たる田中真弓がオープニング「イタダキマンボ」の歌い手と登場しました。
「Uta-Net」や「アニメソングの歌詞ならここにお任せ?」では、「タイムボカン名曲の夕べ」なるCDのリンクが右側に出てくることがありますが、このCDのパッケージに7人の女キャラが描かれていました。いわゆる三悪筆頭の寄せ集めであります。6作までHuluで見る事ができる身の上ゆえに6人までは誰かと言う事はわかりますが、残り1人は消去法により「イタダキマン」に出てくるヤンヤンと言う事になります。
それからさらに10年してOVAとして「タイムボカン王道復古」が出来上がり、MXでも今年放送されたことから見る事が出来たわけですが、タイムボカンシリーズに関しては「イタダキマン」までの7作からの登場人物寄せ集めで構成されていました。この時に新たに エンティングとオープニングとして「-さんあく18年- 君を離さない チュ☆」と「「悪役ドアが開く」が出来上がりました。
映画の上でならば、主人公でもない悪党役が筆頭主演として゜表記される事がありたのですが、アニメーションの場合は「ルパン三世」のように悪党自身が主人公になって初めて悪党役がトップで記載される物でしたが、ここではタイムボカンシリーズ初めて、悪党が主人公と言う事で、キャスト表記も、小原乃梨子が「シンドバッドの冒険」以来トップで記載される状態を拝むこととなり、上記のように、オープニングだに彼ら悪党をテーマとする物となると言う、ある種の画期的な物となっていました。



長くなったので、続きは次回といたします。(^0^)/^^^^^



クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< それだけ当たりゃいいじゃないか | ホーム | ヒュンダイの労組は自分らが上で会社を下と見ているようだ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP