プロフィール

DUCE

Author:DUCE
趣味:緑地や山のほうへのハイキング
映画、ドラマ:戦争映画や時代劇が中心。アイドルやトレンディドラマの類は興味なし
外国関連:中国、韓国、北朝鮮と言った反日三馬鹿国は嫌いです。

竹島はわれらが領地なり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

キター!

キター

plugin by F.B

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

諸所の人災ではその程度の「マグニチュード」が頻発しているだろう

地震:「韓国でM8.3級発生の可能性」主張は誤り
報告書の数値シミュレーションの値を実際の可能性と誤って解釈

韓国地質資源研究院は、韓半島(朝鮮半島)で今後、最大でマグニチュード(M)8.3規模の地震が発生する可能性があるとの一部の主張について「政府の報告書を誤って解釈したもの」と指摘した。地質資源研究院が2012年に作成した韓国の活断層地図に関する報告書の中の数値シミュレーションの値を、一部議員とメディアが実際の発生可能性だと誤解したというわけだ。

 地質資源研究院地震研究センターのチョン・ジョンス博士は23日、政府果川庁舎で行われたブリーフィングで「2009年から12年までに韓国全土の断層を調査した地質資源研究院の報告書を引用し『最大でM8.3規模の地震が発生する可能性がある』と主張する向きがある。だがM8.3は研究課程で出てきたシミュレーションの数値にすぎず、実際にそのような規模の地震が発生する可能性があると言っているわけではない」と説明した。地質資源研究院は国民安全処(当時の消防防災庁)の依頼により2009-11年の3年間で断層調査を実施したが、研究が精密ではないとの指摘を受け、中間報告書を安全処に提出しただけで課題を中断した。チョン・ジョンス博士は「わずか3年で断層を正確に把握するのは事実上不可能だ」と説明した。

 当時の調査で地質資源研究院は、蔚山周辺にある「蔚山第2断層」が過去の地震によって130メートルほど動いていたことを突き止めた。これについて同研究院は、中間報告書に「蔚山第2断層地帯の特性を考えると、130メートルが一度に動くほどのパワーであれば、最大でM8.3規模の地震が発生したものと考えられる」と記した。しかし、これは地震が1回だけ発生したものと仮定した場合のシミュレーションの数値だった。チョン博士は「M9.0の東日本巨大地震のときでも断層の移動が30-50メートル程度だったことを考えると、130メートルの移動というのは、過去数百万年の間に数百回の小規模地震が起きた結果だと考えるのが妥当だ」と説明した。

 地質資源研究院のキ・ウォンソ副院長は「M8.0以上の地震は海洋プレートの境界周辺で起きるが、韓国はプレートの境界から遠く離れているため、この規模の地震が発生する可能性はほとんどない」とした上で「韓半島の地質構造の特性を考えると、M6.5規模が最大ではないかとみている」と述べた。

パク・コンヒョン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


まあ、韓国の場合は日本に比べて地震僅少ですから、マグニチュードに関して言えば、間違いないのですが、いまだ、実際に被害に影響してくるのは震度の方でして、マグニチュードがでかくても遠くであればより小さな震度で済むにしても、そのより小さな震度でも韓国においては大きなダメージとなる事は注意しないとねぇ。先日の地震でも、マグニチュード5台でも最大規模の地震であるとビビっているようでして、それと言うのも、我が国に比べて問題外の強度で建物が出来上がっているからです。
やはり韓国の場合は、もっともビビってしかるべきは地震よりも、彼らの持ち前のいい加減の方こそより大きな災害をもたらすだろう事なのですよ。

クリックお願いします。<(_ _)>


クリックをよろしくお願いしますです。(人∀・)タノム


韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ 


スポンサーサイト

<< 権限が大きければそれに見合った役得を目指すのが当然の韓国 | ホーム | 子供にとって日本はヤッターキングダムか⑱ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP